Vol.129 英語で学ぶ - カリナリーフェア


2012年8月19日~21日、New Zealand Culinary Fare (カリナリーフェア)の全国大会がオークランドにて行われた。ホスピタリティ・飲食業界のプロとアマが集うこの大会。NZの専門コースで学ぶ生徒にとっては大きな登龍門となる。3日に渡って繰り広げられた華麗な大会を取材した。

kengo Hosaka


年に一度開かれるホスピタリティ業界の全国大会New Zealand Culinary Fare。今年で20周年をむかえるこの大会は、シェフ、ウェイター、バリスタ、バーテンダー、そしてホスピタリティコースやクッカリーコースで学ぶ学生にとっては自分の腕を競い合う晴れ舞台だ。大会は大きくわけて7つの部門で構成され、その中に前菜、お菓子、バリスタ、カクテルといった60を超える競技が設定されている。参加者は数ヶ月に渡るトレーニングと入念な準備を重ね、大会当日を迎える。厳しいジャッジのもと、競技者のパフォーマンスは採点され、点数によってゴールド、シルバー、ブロンズの3段階のメダルが授与される。学生にとってはこの大会で優秀な成績を手にすることはその後、現地での就職活動を有利にすることを意味する。足を運んだ大会会場では、自分の競技開始を待つ緊張な面持ちの参加者や、競技中の参加者の気迫で、興奮と熱気に溢れていた。

多彩な部門設定

カリナリーフェア
現在はHippo Homestayに紹介してもらった家にホームステイ中
カリナリーフェア
毎年、年末に日本に帰っている
両親も一度遊びに来て、NZが気に入った
カリナリーフェア
とんこつラーメンが恋しい!
カリナリーフェア
ヨーロッパなど海外旅行もよく家族で行ったけど、九州のおじいちゃんの家が一番好き。

会場となったASB Showgroundsに入ると、まず色とりどりのタルト、ケーキが目に飛び込んで来た。これはStatic Classという部門に参加した競技者の作品。Static Classは会場内で当日競技をするのではなく、規定にそって事前に作り上げた作品を会場に展示しジャッジが採点するという部門だ。他に設定されている部門は、Live Kitchen、Front of House (Restaurant Service)、Front of House Cocktail。Live Kitchenは会場内に設置された特設のキッチンでシェフ達が技を競い合う部門で、競技内容はサーモン、パスタ、フィッシュ、スープなど多岐にわたる。時間内にレベルの高い料理を仕上げる緊張感と熱気を感じる部門だ。Front of House (Restaurant Service)はウェイターやバリスタが参加する部門で、テーブルセッティングやカフェサービスなど普段は私達が何気なく受けているサービスの技術の高さを見ることができる。Front of House Cocktail は、大きくクラシックとオリジナルに分かれ、クラシックでは指定されたカクテルメニューの中から2つを選択し15分以内に作り終えなければいけない。オリジナルでは自分が考えたカクテルを作る。色とりどりのカクテルもさることながら、バーテンダーとしてのパフォーマンスも魅せる部門だ。その他に、高校生が参加するSecondary Schools Culinary & Front of House、最優秀シェフや最優秀トレーニング機関を決める2012 of the Year Classes、キッチンとフロントスタッフがチームになって前菜からデザートまでの競技場でサーブするTeam Eventsの部門がある。

1点に笑い、1点に泣く。厳しい審査基準。

会場で競い合う部門は、料理をしている間、カクテルを作っている間だけが審査対象ではない。準備から片付けまで全てが審査対象として厳しくジャッジされている。また衛生基準も重要な対象となる。各競技には、Food Safety(食品衛生)を専門に判定する審査員がいる。この審査員の持ち点は5点。例えばFood Safetyの点数が3点で競技点数が91点だった場合、Food Safetyは満点に2点足りない。この2点が競技点数からマイナスされ、総合得点は89点となる。総合得点は100点満点で、90点以上でGold Medal、80-89点がSilver Medal、70-79点がBronze Medal、それ以下だとメダルなしとなる。1点が結果をわける。そのためGold Medalなし、となる競技も実は少なくない。厳格な審査基準のもとで1点に泣き、1点に笑う。だからこそ、メダルは受賞者の胸に光輝き、彼らの今後の将来の自身につながるのだろう。

カリナリーフェア カリナリーフェア
常に審査員から見られているプレッシャーに勝たなければならない。
カリナリーフェア カリナリーフェア
カリナリーフェア カリナリーフェア
カクテルの競技では、競技者のパフォーマンスを見るのも楽しみの一つ。
Static部門の競技者は提出の締切り時間までに納得のいく作品を仕上げられるよう、
夜徹して作業にあたる人もいるという。
カリナリーフェア カリナリーフェア
カリナリーフェア カリナリーフェア
マーガリン彫刻。3日かけて、精巧な彫刻を作っていく。競技にはトレーニング(学生のみ)と
オープン(プロと学生の混合)がある。出場競技によってはプロと競い合うことも。
ライブキッチンは時間との戦い。

NSIA

池田 亜輝子
Diploma in Hotel, Hospitality Management
Level5(NSIA)
出場競技:Cafe Beverages/Gold Medal, Category Winner
Wine & Beverage Service/Silver Medal
Classic Cocktail/Silver Medal
Table Setting, Clearing & Crumbing down/Silver Medal
私を信じて機会をくれた学校とTutorに感謝しています!4ヶ月のトレーニングと大会を通じて、普段は味わえない貴重な経験ができ、スキルも自信もついたので、今後は業界No.1の学校の名に恥じないよう、仕事で活躍できるように頑張ります。

NSIA 矢野 裕美子
Diploma in Professional Cookery Level5(NSIA)

出場競技:Margarin Carving Buffet Showpiece (マーガリン彫刻)/Gold Medal
トレーニングは授業と平行して行うのが大変な時もありましたが、熱心な先生方、励まし合える仲間に恵まれて、とても楽しい時間でした。スキル以上の素晴らしいものを得ることが出来て、カリナリーフェアに参加できたことを感謝しています。
NSIA 辻村 彰太
Diploma in Hospitality Management Level5 (NZMA)

出場競技:Classic Cocktail/Bronze Medal
大勢の人の前でパフォーマンスするのは初めてでしたが、程よい緊張感で大会に望むことが出来ました。また自信を持つことができました。今までやって来た事は正解だったのかと時々思う事があります。しかし、大会の結果から少なくとも今までの努力は無駄でなかったと信じています。
NSIA 鈴木 真由
Diploma in Hospitality Management Level5 (NZMA)

出場競技:Classic Cocktail/Bronze Medal
当日はすごく緊張しました。多くの参加者の一生懸命な姿を見て自分も頑張らなくてはと思いました。自分の力を100%出せたとは言えませんが、結果に関しては満足です。カクテルの作り方以外に、タイムマネージメント、チームワークの大切さを学びました。貴重な体験ができて本当によかったです。
NSIA Zhu Jialiang
Diploma in Professional Cookery Level5 (Whitireia)

出場競技:Chocolate Dessert/Bronze Medal
トレーニングを積んで、カリナリーフェアで銅メダルを取得できてとても嬉しいです。大会を通じて新しいスキルやテクニックを学び、また他のシェフや学生が働く姿や様々な料理をみることができ、とても良い機会となりました。
NSIA 清水 夕貴
National Diploma in Hospitality Management Level5 (Whitireia)

出場競技:Classic Cocktail Auckland regional /Silver Medal
大会に向けて放課後、講師と一緒に遅くまで特訓しました。重点的に特訓したのはカクテルの味と作る時の振る舞いです。結果的には銀メダルを取得しました。この経験をいかし、もっとたくさんカクテルを勉強して有名なバーで仕事をしたいです。そして友達にもお酒を提供したいです!

各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら