Vol. 182 School

ニュージーランドを旅するように学ぼう- Combo Schools


メインイメージ

182Combo-3-Schools-Map-2017.jpg 小さいようで意外と広いニュージーランド。それぞれの都市にはそれぞれの良さがあり、学校選びに迷う人も少なくないのでは。「一箇所には決めきれない」「北島と南島、両方で生活してみたい」ー。そんな悩みや希望に応えるのが、オークランドのWORLDWIDE SCHOOL OF ENGLISH、ウェリントンのThe Campbell Institute、クイーンズタウンのLanguage Schools New Zealandの3校が実施している「コンボプログラム」。好きな都市を渡りながら英語を学ぶことができ、1997年の開始以来多くの学生から人気を集めています。

 
 人口約138万人が暮らすオークランドは、ニュージーランド最大の都市。国際色豊かなこの街にあるWORLDWIDE SCHOOL OF ENGLISHには世界約30カ国から生徒が集まり、校内は活気に満ちています。ニュージーランドの首都であり、コーヒーやアート、映画など文化的な街として知られるウェリントン。The Campbell Instituteはウェリントンで最も歴史があり、名の知れた学校です。美しい景観やアクティビティーの豊富さで人気の高いクイーンズタウンにあるLanguage Schools New Zealandでは、少人数のアットホームな環境で学ぶことができます。いずれもNZQA(New Zealand Qualifications Authority)の審査でカテゴリー1に選ばれた学校のため、提供される教育内容、サービスには定評があります。

 
 コンボプログラムには2種類あり、4〜11週間の「コンボコース」と12週間以上の「スーパーコンボコース」に分かれます。コンボコースは、フルタイムまたは午前のみのパートタイムを選択でき、ワーキングホリデービザもしくは観光ビザ(ビジタービザ)での就学が可能。通いたい学校とそれぞれの滞在期間をあらかじめ決めて申し込みます。学校間で連携を取り、生徒一人一人の情報をきちんと共有しているため、学校を移動した後もスムーズに学習を継続できるほか、新しい環境にもすぐに馴染めるようなサポート体制が整っています。


 おすすめは12週間以上の「スーパーコンボコース」(フルタイムのみ)。最大の魅力は何と言っても学校間を移動する際の交通費が3回まで無料になること。そして、申し込み時に全てのプランを決めなくても、最初の1校に入学してから計画を立てられるということです。2週間前までに次の渡航先を伝えれば学校が移動を手配してくれ、間にホリデーを取ることもできるため、勉強だけでなく、仕事をしたり、周辺のエリアを旅することも可能。滞在方法を自分好みにアレンジできます。
 オークランドでの都会的な暮らしも、ウェリントンでの文化的な生活も、クイーンズタウンでのアクティビティーも、勉強しながら全てが叶う欲張りなプログラム。コンボプログラムでニュージーランドの魅力を余すところなく満喫しましょう。

▼各校の様子はこちら

WORLDWIDE SCHOOL OF ENGLISH

80 Anzac Avenue, Auckland

182Worldwide.jpg 182Worldwide2.jpg

 

The Campbell Institute

104 Dixon Street, Te Aro, Wellington

182Campbell-Student-Services.jpg 182_school_sum_Campbell.jpg

Language Schools New Zealand

Level3, O'Connells Shopping Centre, 30 Camp Street,
Queenstown

182LSNZ.jpg

▼Combo Schoolsで実際に楽しく学んだ体験談を読む!

小林夏子さん Combo Schools【卒業生】旅をするように英語を勉強できる「コンボプログラム」は行動派の私にぴったりでした

▼Language Schools New Zealandのあるクイーンズタウンはこんな素敵な街!

特集その1:シーズン先取り!冬のクイーンズタウンへ

特集その2:クイーンズタウンで出会った日本人のみなさん

特集その3 :クイーンズタウンのレストラン

女王にふさわしい街クイーンズタウン

カテゴリ:School,英語で学ぶ
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら