弁護士見解4:PRESTIGE LAW - エッセンシャル・ワークビザの変更案について


メインイメージ

 4月19日に発表があったエッセンシャル・ワークビザの変更案について、各種ビザの申請手続きなどを行っているPRESTIGE LAWに解説していただきました。

 PRESTIGE LAWは、2006年に台湾出身の汪君尊(Mrs Royal Reed)弁護士により創立され、海外投資、不動産・ビジネス売買、ファミリートラスト、移民・ビザ関連、各訴訟等、幅広い法律分野のリーガルサービスを提供しています。
 オークランドCBDに位置するメインオフィス、ならびにアルバニーオフィス、台湾、北京、上海にもマーケティング、コンサルティングスタッフを構え、アジアとニュージーランドの架け橋の役割を果たすべく、グローバル視点に立った業務を展開しています。

■NZ法律入門書(総合編)
移民、投資、不動産売買、ファミリートラスト情報が以下のe-bookにてご確認頂けます。
http://prestigelawyers.kiwi/japanese/legal-e-books/

 2017年4月19日、ニュージーランド移民局は、「エッセンシャル・ワークビザ」といわれる、ワークビザについても変革を加える計画であることを発表しました。新政策は8月に施行される予定です。

変更案の概要

 エッセンシャル・ワークビザとは、ニュージーランドにとって重要な職務技能を持つ移民に対して発給される短期滞在型のワークビザです。技能移民のレジデント・ビザ申請で条件となった「収入レベル」という概念を、エッセンシャル・ワークビザでは、スキル・レベルの判断基準にするというのが、改定案の骨子です。

 収入レベルによりスキル・レベルが低いと見なされた場合、ワークビザの有効期限は3年が上限となり、同時に
・そのビザの有効期限終了後、ワークビザの申請までに一定の期間を置く必要が発生する
・家族をニュージーランドに連れてくる場合、家族は独自にワークや学生ビザを取得せねばならない
などの項目も変更案の一部に入っています。

 なお、スキル・レベルの指針となる年収額は、今回の発表では提示されておりません。また、ビザの年数に上限が発生するのは、新政策切り替え後、ビザの更新をした時点からで、現行のワークビザについては影響がありません。

 今回の発表は「改革案に対し広く公から意見をきくため」のもので、下記リンクより意見を提出できます。締め切りは2017年5月21日午後5時です。

http://www.mbie.govt.nz/info-services/immigration/consultations/proposed-changes-to-immigration-policy-settings-suite-of-proposed-changes-essential-skills-visa

資料:https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/review-temporary-migrant-work-settings

カテゴリ:ビザニュース
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら