弁護士見解5:PRESTIGE LAW - エッセンシャル・スキル・ワークビザの改定について


メインイメージ

 7月27日に発表されたエッセンシャル・スキル・ワークビザの改正内容について、各種ビザの申請手続きなどを行っているPRESTIGE LAWに解説していただきました。

 PRESTIGE LAWは、2006年に台湾出身の汪君尊(Mrs Royal Reed)弁護士により創立され、海外投資、不動産・ビジネス売買、ファミリートラスト、移民・ビザ関連、各訴訟等、幅広い法律分野のリーガルサービスを提供しています。
 オークランドCBDに位置するメインオフィス、ならびにアルバニーオフィス、台湾、北京、上海にもマーケティング、コンサルティングスタッフを構え、アジアとニュージーランドの架け橋の役割を果たすべく、グローバル視点に立った業務を展開しています。

■NZ法律入門書(総合編)
移民、投資、不動産売買、ファミリートラスト情報が以下のe-bookにてご確認頂けます。
http://prestigelawyers.kiwi/japanese/legal-e-books/

 2017年4月発表の変更案に続き、ニュージーランド移民局は7月27日、ホームページ上で、短期滞在型の「エッセンシャル・スキル・ワークビザ」に関する改定内容を発表しました。今回の主な改定のポイントは下記の3つになりますが、さらに詳しい内容は8月中に移民局のホームページで公表される予定です。

<改正の主要なポイント>

1. 収入条件
 エッセンシャル・スキル・ワークビザの申請者の技能レベルを測る基準として、収入面の条件が設定されました。ニュージーランド移民局は、収入を基準に移民の技能レベルを測る根拠として、「移民の有する資格や職能レベル(ANZSCO※)から見ても妥当」と述べています。技能レベルごとの具体的な収入の設定値は下記の通りです。

高技能 ニュージーランドのフルタイム(正社員)の収入の中央値の1.5倍(現時点では年収$73,299)以上の収入のあるエッセンシャル・スキル・ワークビザの所有者。職業の内容については規定なし。
中技能 ニュージーランドのフルタイム(正社員)の収入の中央値の85%(現時点では年収$41,538)以上の収入のあるエッセンシャル・スキル・ワークビザの所有者で、ANZSCOのレベル1〜3の職業に就いている者。
低技能 年収が中技能の規定に満たないエッセンシャル・スキル・ワークビザの所有者。


 中技能レベルの収入条件を、ニュージーランドのフルタイム(正社員)の年収の中央値の85%に設定したことで、現在ANZSCOのレベル1〜3の職業でエッセンシャル・スキル・ワークビザを保有している移民の38〜46%に当たる、9,700 〜11,800 人が低技能というカテゴリーに分類される見込みです。2017 年5 月13日現在、11,214人が技能レベル4および5でエッセンシャル・スキル・ワークビザを有していて、高技能レベルの給与を得ている移民は限られていることから、新方針下では、 大多数が低技能レベルに属することになるとみられています。

※ANZSCO:Australian and New Zealand Standard Classification of Occupationsの略。スキルを基に各職業を分類している。

2. ビザの発給年数
 エッセンシャル・スキル・ワークビザの所有者のうち、低技能の年収帯に属する移民に発給されるビザは、最長3年間となります。その後は、ニュージーランド国外で12カ月過ごしたのち、別の低技能職でエッセンシャル・スキル・ワークビザを取得することができます。

 低技能レベルのエッセンシャル・スキル・ワークビザの上限を3年とした理由について、ニュージーランド移民局は、「高技能レベルのエッセンシャル・スキル・ワークビザか、もしくはレジデンス・ビザを取得するチャンスを得るのに十分な期間」としていることに加え、「レジデンス・ビザにつながる可能性のない移民が、ニュージーランドに不要に長期間滞在することを防ぐことを意図した設定」であるとも述べています。

3. パートナーおよび子どものビザ
 低技能のエッセンシャル・スキル・ワークビザ所有者のパートナーや子どもがニュージーランドに滞在する場合は、独自にビザを取得することが必要になります(短期的な観光ビザの利用は可能)。これまでワークビザ所有者のパートナーに与えられていたオープン・ワークビザ(自由に仕事を選び、就労できるワークビザ)は、今回の改定後、低技能レベルの移民には与えられなくなります。

 新方針 は、2017年8月28日から施行となります。3年というビザの期限は、新方針改定後、低技能レベルのエッセンシャル・スキル・ワークビザが交付(新規・更新分)された時点からの適用となります。


 今後ニュージーランドでエッセンシャル・スキル・ワークビザの取得・更新を目指している方は、より詳細な情報・対応方法等を得るために、移民ビザを扱う弁護士事務所等にご相談することをおすすめします。

情報:New Zealand Immigration
https://www.immigration.govt.nz/about-us/media-centre/news-notifications/changes-temporary-migrant-work-settings

解説:PRESTIGE LAW 
問い合わせ
09-303-4400(月〜金、9:00〜17:30)
Japanese@prestigelawyers.co.nz(日本語)

 

カテゴリ:ビザニュース
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら