Vol. 186 Student

長船 恵さん Wilkinson's English Language School【学生】

30代で2度目のニュージーランド留学、やりたいことを始めるのに「遅すぎる」なんてことはないと思います


メインイメージ

 かつてワーキングホリデーで訪れたニュージーランドで、2度目の留学生活を送っている長船恵さん。30代での留学を実行に移すのには躊躇したそうですが、思い出のクライストチャーチで充実した時間を過ごし、後悔は一切ないと言います。「30歳を過ぎてからの留学を迷っている人がいたらぜひ勧めたい」と話す長船さんに、お話を伺いました。

長船 恵(おさふね めぐみ)さん

 福岡県出身。2005年にワーキングホリデービザで訪れたのをきっかけにニュージーランドの人や自然に魅了され、その後も度々旅行で訪れるように。英語力の減退を感じ、再び英語を勉強するため、2017年4月に学生ビザでニュージーランドへ。Wilkinson's English Language Schoolのクライストチャーチ校で英語を勉強中。

英語力の減退に焦り、迷った末に決断

 ニュージーランドへは12年前、ワーキングホリデーで来たことがあるんです。1年間滞在して、この国の人たちの優しさに触れたり、自然の雄大さに感動して、帰国してからも旅行で何度か訪れていました。ワーキングホリデーで来た時にも語学学校に通い、英語を勉強したんですが、時間が経つにつれ自分の英語力がどんどん落ちていくのに焦りを感じていました。
 留学を考え始めたものの、30歳を過ぎてからの留学だったので、正直不安もたくさんありました。周りの反応は賛否が半々。仕事を辞めて留学することに「勇気があるね」と言われることもあれば、「いい経験になると思う」と背中を押してくれる人もいました。
 迷っている中、今年2月に友人の結婚式でニュージーランドに来たんです。12年前の留学で出会った友達にも再会して、英語で話してみてとても楽しかった。英語が話せれば、英語圏の人だけでなく他の国の人ともコミュニケーションが取れる。そうすることで自分の生きる世界が広がると思い、「やっぱり留学しよう」と決め、今年4月に学生ビザでニュージーランドへ戻ってきました。

186student_01.jpg2度目の留学で苦手分野を鍛える

 学校は、クライストチャーチにあるWilkinson's English Language Schoolに通っています。以前留学した時にもクライストチャーチの学校だったんですが、2011年に起きた大地震の影響でなくなってしまいました。当時お世話になった先生と帰国後も連絡を取り合っていたので、いい学校がないか聞いてみたところ、何人かの先生がWilkinson's English Language Schoolに移ったということを教えてもらいました。調べてみると、少人数制の授業で、先生の質も高いということだったので、この学校に決めました。
 今は一般英語のクラスで、午前中は文法の勉強、午後はスピーキングを中心に勉強しています。1クラスあたりの生徒数は多くて8人くらいなので、発言しやすく、分からないことがあればその場ですぐに質問することができます。先生も指導年数が長い人ばかりなので、分かりやすくていねいに教えてくれます。
 私はスピーキングやリスニングよりも、文法が苦手で、特にライティングが上達しないのが悩みでした。それを先生に相談したところ、英語で日記をつけることを勧められ、書いた日記を毎日添削してもらっています。力がついているのか、自分ではなかなか実感できず、不安なこともありましたが、学校に通い、手厚いサポートのもとでしっかり勉強することができて良かったと思っています。

186student_03.jpg思い出のクライストチャーチでの生活

 Wilkinson's English Language Schoolは小規模な学校で、とてもリラックスした雰囲気です。クラスメートと助け合いながら一緒にレベルアップしていけますし、他のクラスの学生ともすぐに打ち解けることができます。先生たちもとてもフレンドリーで、いつも話しかけてくれ、勉強以外のことでも分からないことがあれば親身になって相談に乗ってくれます。
 学校が休みの時にも学校で知り合った友達と出掛けたり、食事に行ったりしています。それからヨガ教室に行ったりジムにも行っていて、ヨガ教室では日本人は私1人だけで、現地の友達もできました。あとは図書館で勉強したり、映画を観たりもしています。
 震災のニュースを日本で知った時は本当にショックで、クライストチャーチの友達に電話をしてもつながらず、メールも数日返信がない状態で心配していました。幸い、知り合いはみんな無事でしたが、街を歩いていてもあちこちさら地になっていたり、以前滞在していたホストファミリーも北島に引っ越してしまっていたりと、記憶していた街とは全然違います。それでも、街中で気さくに話しかけてきてくれる人たちや、きれいな自然は変わらず、この街が好きです。

「留学したい」思った時が始め時

 学校は9月に卒業します。せっかく学んだ英語を失っていくのはとてももったいないことなので、帰国後も英語の勉強を続けたり、スカイプを使ってキウイの友達と話したりして維持できるようにしたいです。帰国したら英語の能力試験を受ける予定なので、そのための勉強も今からしっかりしておきたいと思います。日本に戻ってからの仕事のことは、まだはっきりとはしていませんが、できれば英語を使う仕事にもチャレンジしてみたいです。
 今回、12年ぶりの留学を経験して思うのは、「ニュージーランドに来て本当に良かった」ということです。改めて英語をきちんと勉強できたのはもちろん、前回の留学の時に出会った友人にも再会できました。時間も、距離もずいぶん空いていたけれど、つながっていられたことを本当にうれしく思います。また、新しい出会いもたくさんありました。だから、留学に来たことに後悔は1ミリもありません。
 「30代だから留学をするには遅いかも」と、躊躇している人は私のほかにもいると思います。でも実際に来てみると、30代の人だけでなく、40代、50代の人もたくさんいます。人生、何かを始めるのに、遅いなんてことはないと改めて感じました。留学したいと思った時が、始めるタイミングだと思います。迷っているならぜひ、留学してみてください。きっと、世界が広がります。

186student_05.jpg 186student_06.jpg

カテゴリ:Student,英語で学ぶ
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら