Vol. 186 Lunch

吉沢 -「ただいま」と言いたくなる、おふくろの味 -


メインイメージ

 定食スタイルの和食が食べられる店として、オークランドの街の中心部で営業を続けて5年。老若男女問わず愛される料理は、まさに「おふくろの味」。毎日オープンから午後9時まで休みなく営業していて、いつでも温かく迎えてくれます。

吉沢

9C Victoria Street East, Auckland
09-377-2387
Monday - Friday : 10:00-21:00
Saturday, Sunday & Holiday : 11:00-21:00
www.facebook.com/yoshizawaAKL/

 吉沢といえば、カツ御膳。チキン、ポーク(ヒレ、ロイン)、エビなど種類も豊富で、ご飯、味噌汁、サラダ、漬物も付いて13ドルからと、大満足の内容。生パン粉を使うことで、揚げ上がりはふっくら、サクサク。ポン酢やソースで食べてもおいしいカツに、ご飯に合う甘めの味噌をたっぷりかけた味噌カツ御膳もおすすめです。

186lunch_01.jpg 186lunch_05.jpg

 日本人客からの注文が多いのは、魚の御膳。ニュージーランドでは流通していないため、日本から仕入れるサバは塩焼きや味噌煮で。アジやサンマも選べるので、ホワイトボードの「シェフズ・スペシャル」をお見逃しなく。市場で良いものが手に入った時にだけ、カキフライも提供しています。

 こだわりはだし汁にも。かつおと昆布を使い、2〜3時間かけて作った香りの良いだしは味噌汁や、味噌煮込みうどんなど各種うどんのつゆに。御膳に付く味噌汁は1ドルの追加で、10種の具が入った栄養満点の豚汁(通常3ドル)にグレードアップすることもできます。また、「ご飯が美味しければ何でもおいしい」と、炊き方にコツがあるというご飯は1杯までお代わり無料。食べ盛りの学生たちの味方です。

186lunch_04.jpg 186lunch_03.jpg

 ファンが多いのは、店で一から手作りするスイーツ。みたらしやこしあんの串団子や、ボリューム満点のシュークリーム、抹茶を使ったチーズケーキなど、閉店前に売り切れることもあるので、早めに確保を。

 店内は店主が手作りした和の飾り付けで、まるで日本にいるかのような気持ちに。和食が恋しくなったら、吉沢へ。おいしい料理と温かい気遣いで、お腹も心も満たしてくれます。

カテゴリ:Lunch
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら