Vol. 189 Selection

ニュージーランドで憧れのマイホームを買おう!New Zealand Home Loans


メインイメージ

ニュージーランドでマイホームを持ちたいけど、資金繰りが不安…。
そんな時に頼れるのが金融機関から住宅購入のための資金を借りる住宅ローン。
必要書類の準備や審査など、一見複雑そうに見える住宅ローンの基礎知識を、
New Zealand Home Loans(NZHL)のデンプスター結子さんに教えていただきました。

New Zealand Home Loans

Web: www.nzhl.co.nz
1/133 Owairaka Avenue, Mt. Albert, Auckland 1025
Email: yuko.dempster@nzhomeloans.co.nz
Mob: 022 318 0049 Fax: 09 846 4170
※遠方の方はスカイプミーティングも対応可能。

ローンはいつ組むべき?

 マイホームの購入は人生において大きな決断と言えますが、自身の経済状況や家の価格は常に変動していくもの。買いたいと思った時が買い時です。住宅ローンの返済期限が最大で30年、基本的には70歳までということを考えると、40歳までの購入をおすすめします。ローンをうまく利用して、理想のマイホームを手に入れましょう。NZHLでは独自のシステムで、利用者が賢くローン返済できるよう、サポートしています。

ローンはどうやって組める?

 通常住宅ローンを組む時は、物件を探し始める前にまず自分がいくら借りられるのかを把握するため、「pre-approve(事前承認)」を得る必要があります。一般的に自宅の購入にはデポジットとして総額の20%を収める必要があり、残りの80%を借りられます。NZHLでは電話でのヒアリングで個々の状況などを確認した後、対面でコンサルテーションを行い、申請手続きに移るという流れになっています。

こんなところも審査のポイント

 住宅ローンの審査では、年齢や家族構成、収入、負債の有無などから申請者の返済能力が問われるのはもちろん、他にも押さえておきたいポイントがあります。例えば申請に必要な書類の一つに銀行のステートメントがありますが、この記録から申請者の性格や習慣まで確認されています。電気代の支払いが頻繁に滞っている、毎週カジノ通いをしているなど、申請者の誠実さを問う要素も無視できません。

◼︎これから住宅ローンをお考えならNZHLへ!

 全国に80支店を構える住宅ローンの専門会社NZHLは政府所有のKiwibankの姉妹会社。ローンの返済計画をシミュレーションし、グラフで確認できる独自のシステム「Debtnav」を開発・運用。24時間アクセスできる上、ローンの返済終了予定日を日単位で算出できます。
 また、借入額の金利を抑えるため、「Channeling」という方式を採用。普通預金と貯蓄用の口座、ローン返済用の口座を1つにまとめることで、借入額から所持金分を差し引いて金利を計算できます。NZHLでは日ごとに算出するため、借り入れ初日から金利をセーブ。返済期間も最短にできる効率的な返済方法です。
 担当者制でフォローアップ体制も万全。コンサルティングは無料なので、住宅購入で悩んでいるならまずは相談を。

▼NZHL独自のローンマネジメントシステム「Debtnav」のシミュレーション画面

189selection_01.jpg

カテゴリ:Selection
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら