Vol. 190 Pick Up

YOSAKOIソーランダンスグループ Southern Stars

日本とニュージーランドの架け橋に


メインイメージ

 古くに高知県で始まった「よさこい祭り」と、遠く離れた北海道で親しまれていた「ソーラン節」。この2つに影響を受け、北海道在住の大学生によって生み出されたのが「YOSAKOIソーラン祭り」です。日本から遠く離れた異国の地・ニュージーランドで日本文化を発信すべく発足したYOSAKOIソーランダンスグループ「Southern Stars」についてご紹介します。

Southern Stars

活動日時:11:00AM~1:00PM
活動場所:(屋内)Aikido Dojo - 110 St. Lukes Rd. Sandringham, Auckland
     (屋外)At Tahaki Reserve - 250 Mt. Eden Rd. Mt Eden, Auckland

Web:www.yosakoinz.org.nz
メンバー随時募集中!詳細・問い合わせはウェブサイトにて

結成15周年 歩んできた道のり

190pickup_03.jpg YOSAKOIソーランの魅力を通し、日本とニュージーランドの繋がりを築いていくこと、そして性別や年齢、国籍問わず誰もが同じように楽しめる空間を作ることを目的として立ち上げられた有志団体の「Southern Stars」。2017年4月1日には結成15周年という節目に祝賀会が行われ、長い年月をかけて築き上げられてきた軌跡を多くの人が祝福しました。
 「永遠の笑顔を仲間とともに」というテーマのもと、チームオリジナル楽曲「飛翔」を制作。ニュージーランドという国で偶然出会い、切磋琢磨しながら成長し、共に泣き、笑い、未来へ羽ばたいていく...。そんな想いを曲にし、メンバー全員が一丸となってYOSAKOIソーランの世界を作り上げます。

 

YOSAKOIで日本文化を発信

190pickup_01.jpg 結成当初はニュージーランドで「YOSAKOIソーラン」と言っても伝わらず、説明会やオープンデイを開催。興味を持ってもらおうとゼロの状態から続けられてきた地道な努力が実を結び、今ではメンバーも常に30人を超え、さまざまなビッグイベントにも出演依頼が来るまでになりました。
 毎年11月に行われているニュージーランド最大規模のイベント「Santa Parade」には日本代表として、そして日本文化の祭典「JAPAN DAY」にも結成当初から毎年参加しています。そのほか、現地の学校でダンス指導を行ったりリタイアメントビレッジを訪問したりと精力的な活動が続き、現在では2018年6月に北海道の札幌市で行われる「第27回YOSAKOIソーラン祭り」への参加も決定しています。

  

1人1人の個性を大事に

190pickup_02.jpg 活動する中でチームが大切にしているのは、それぞれのスキルや個性、やりたいことを重視するということ。過去のイベントでは、歌うことが好きなメンバーをヴォーカルにYOSAKOIソーランを披露したこともあります。メンバーの国籍は日本をはじめ、ニュージーランドやベトナム、フランスなどさまざま。個々を大事にし、伸び伸びと自分らしく過ごすことができます。
 「Southern Stars」のチーム名は「1人1人を星に例え、それぞれが持つ個性や長所が南半球を舞台に輝くこと」を願って付けられました。メンバーを「ファミリー」と呼び互いを尊重し、困ったときには助け合う。本当の家族のように温かい場所が、ここにあります。

カテゴリ:Pick Up
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら