Vol. 193 School

分野別プロフェッショナルを目指すなら Cornell Education Group - PBRS

PBRS(The Professional Business & Restaurant School)


メインイメージ

Cornell Education Group

PBRS - 150 Hobson St., Auckland

Cornell Institute of Business & Technology
Main Campus - 150 Hobson St., Auckland
Hobson Campus - 161 Hobson St., Auckland

Wilkinson's English Language School
Auckland - 161 Hobson St., Auckland
Christchurch - 257 Lincoln Rd., Addington, Christchurch

ホスピタリティーに特化した「PBRS(The Professional Business & Restaurant School)」、ビジネスやコンピューティングなどの知識が身に付く「Cornell Institute of Business & Technology」、そして国際色豊かな語学学校「Wilkinson's English Language School」の3校を運営している「Cornell Education Group」。それぞれのキャンパスに経験豊富な教師陣が揃っているので、特定の分野でプロフェッショナルを目指したい人にはうってつけの学校です。

193school_01.jpg

 展開しているさまざまなコースの中でも、できるだけ長くニュージーランドで生活を送りたい人におすすめなのは、PBRSが開講しているフルタイムの調理師コース。食材や調理、衛生についての理論から包丁の扱い方、さまざまな国の料理の調理法などの実践まで、基礎も応用も完璧にマスターすることができます。卒業後には1年間のポストスタディーワークビザの申請権利が得られるため、努力次第で就職から永住権まで多岐にわたる道が用意されているのも魅力の一つ。

 在校生は毎年開催されるホスピタリティーおよび飲食業界の全国大会「The New Zealand Culinary Fare(ニュージーランド・カリナリーフェア)」に出場することができ、大会の2カ月ほど前から講師と生徒が一丸となって準備に取り掛かります。調理器具から食材まで、コンペティションに使用する物は全て学校からの提供です。

 さらにはホスピタリティーコースやホテルマネジメントコースといったサービスを究めたい人向けの専攻はもちろんのこと、バリスタやバーテンディングの技術が身に付けられるショートコースは時間に限りがある人でも気軽に参加することができます。フルタイムで本コースに在籍している学生にはディスカウントもあり、授業は通常夕方から開始されるので両立も可能です。

193school_02.jpg

 英語力に関しては、調理師コース入学条件の一つとして定められているIELTS5.5(オーバーオール)に満たない、もしくは受験経験がないという場合でも、火曜日と木曜日に開催されている学校独自の試験を受けることができます。もしくは、2年制コースへの入学希望者は付属のWilkinson's English Language Schoolの英語コースが16週間無料で受けられるという特典も。

 また、「コースを終わらせた後の進路や将来が不安」という人にもジョブサポートセンター「iCareer」があるから安心。履歴書の添削や面接のアドバイスなど一般的な指導のほか、学校提携の会社との面接のセッティングやジョブマッチングまで細やかなサポート体制が整っているのは、さまざまな分野の専門家が集結したCornell Education Groupならではです。

 興味がある分野のプロフェッショナルになる道筋が見えてくるCornell Education GroupのPBRSで、将来を見据えた留学の第一歩を踏み出しませんか。

各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら