Vol. 193 Food&Drink

最高のインスタ映え! 新感覚のコーヒーも登場


メインイメージ

Curator Espresso Bar
※Take away対応!

2 Kitchener St., Auckland Central
09-303-4144
Mon-Fri: 7:00-16:00
Sat:9:00-16:00
https://www.facebook.com/CuratorEspressoBar/
https://www.instagram.com/curator_espressobar/

 2016年にオープンしたアットホームで親しみやすい雰囲気の「Curator Espresso Bar」。開店以来オークランドに住んでいるコーヒーファンで知らない人はいないというほどの盛況ぶりを見せるカフェは、訪れる人の約80パーセントほどが常連だというリピーター率の高さを誇ります。オークランド中心部のアートギャラリー前に位置しているので、ショッピングの最中や仕事の合間にふらりと立ち寄ることができるのも魅力の一つです。

 オーナー兼バリスタを務めるのは韓国出身のJasonさん。一杯一杯ていねいにラテアートを施す様子はまさにプロフェッショナルで、コーヒーを淹れる際にはグラインドした豆の量を1グラム単位にまでこだわり、適切な温度と滑らかな口当たりでさっぱりとした飲みやすい一杯に仕上がっています。

193f&d_01.JPG

 ミルクだけでも「フルクリーム」「トリム」「ソイ(豆乳)」「アーモンド」「ココナッツ」と5種類の品揃えがあるのに加え、コーヒー豆も3種類、カフェインレスの「デカフェ」にミディアムローストで苦味が弱くあっさりした味わいの「プレミオ」、そしてシングルオリジンでベリー、ブラックティー、ピーチ、シトラスとフルーティーな風味が特徴の「エチオピア・シダモ」があり、組み合わせによって何度通っても毎回楽しめるのが嬉しいところです。

 また、オークランドエリアでは珍しい「Nitro Charged Cold Brew」という新感覚の水出しコーヒーも提供。通常のコールドブリューコーヒーに窒素ガスを加えることで豆の甘みとクリーミーな味わいを可能な限り引き出した、爽やかな一杯がいただけます。透き通った液体が揺れるグラスの中、気泡が立ち昇っていく様子はまるでカクテルのよう。思わずカメラを構えたくなってしまいます。

193f&d_02.JPG

 コーヒーはもちろんのこと、サンドイッチやスコーン、デザートにはカフェの厨房でスタッフ自ら作っているというチョコレートの「プロテインボール(2.50ドル)」もおすすめです。カフェ食が恋しくなったらCurator Espresso Barへ。小腹が空いたときのリフレッシュメントにはうってつけです。

193f&d_03.JPG

各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら