Vol. 194 特集

テレビの世界へ!WETA Workshopイチオシツアー


メインイメージ

映画製作は常に挑戦
新しいことを成し遂げていく

 協力作品の紹介で挙げた「ロード・オブ・ザ・リング3部作」をはじめ、「アバター」や「パシフィック・リム:アップライジング」などさまざまな映画作品の製作に尽力してきたWETA Workshop。常に成長していく過程において、プロフェッショナルたちの豊富な知識や経験を生かした協力が必要不可欠です。多くの困難にぶつかり、そのたびに乗り越えるだけでなく前進してきました。

「ゴースト・イン・ザ・シェル」の場合――
(Ghost in the Shell:2017)

 日本の漫画を原作としたアニメ映画「GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊」をハリウッドで実写映画化した作品「ゴースト・イン・ザ・シェル」。主人公演じる有名女優スカーレット・ヨハンソンが着用している光学迷彩スーツの製作には最新技術が使用され、背景にうまく馴染みつつも体にフィットするシリコン素材を生かして作られています。

「グレートウォール」の場合――
(The Great Wall:2016)

 2016年に製作された中国およびアメリカ合衆国合作の映画作品「グレートウォール」は、中国の中でも屈指の観光地として有名な万里の長城を舞台にした超アクションアドベンチャー。撮影には実に6,000個もの武器や鎧、衣装が必要とされ、さまざまな分野に精通するプロフェッショナルたちの協力のもと、4カ月以上にも及ぶ製作が行われました。

194feature02_01.jpg 194feature02_02.jpg

映画製作の世界に触れる
WETA Caveのツアーに参加しよう

 映画作品「ロード・オブ・ザ・リング」や「キングコング」、「第9地区」などでスクリーンの向こう側に広がるのは、現実とは違う魔法のような世界。そんなファンタジー空間を生み出し続ける舞台の裏側を少しだけ覗いてみませんか?
 ギフトショップも併設された「WETA Cave」では、WETA Workshopがこれまでに手掛けた小道具や美術品などを見学できる、映画ファンにはたまらないさまざまなガイドツアーが毎日開催されています。有名作品の秘密に出合いたい人必見です。

WETA Workshopイチオシツアー

194feature02_03.jpg

Miniatures Stage Tour: Thunderbirds Are Go

 60年代に日本でも放映されていたテレビ番組「サンダーバード」を知っている人、あるいは見ていた人も少なくないのではないでしょうか。全世界で人気を博した「サンダーバード」が、2015年、50年振りに「サンダーバードARE GO」としてリメイクされ復活。
 WETA Workshopの精鋭チームが手掛けた、作中には欠かすことのできないミニチュアセットを見学させてくれる「Miniatures Stage Tour: Thunderbirds Are Go」に参加して、わくわくするような貴重な体験をしてみませんか?

詳細:

【所要時間】45分
【開催日】毎日(クリスマス以外)
【費用】大人 - 28ドル、子ども(6 - 12)- 13ドル、幼児(0 - 5)- 無料、家族(大人2名+子ども2名)- 72ドル

※ 2018年4月現在

映画好き集まれ!H.I.S.NZ
WETAスタジオ見学ツアー

どんなツアー?

 "南半球のハリウッド"とも称されるウェリントンに位置し、「ロード・オブ・ザ・リング」をはじめ、日本のアニメや「ゴースト・イン・ザ・シェル」の制作に関わったWETA(ウェタ)スタジオを見学し、映画撮影の仕組みなどを知ることができます。

194feature02_04.png

参加したい!

 ビデオ鑑賞から始まるツアーでは、WETAスタジオが設立するに至った歴史や経緯、どのように映画撮影に関わっているかなどを学んだ後にスタジオに移動し、見学がスタート。映画の中で実際に使われたパーツやフィギュアの制作方法などを知ることができます。

194feature02_05.png

ほかには?

 ツアー自体は英語で行われるものの、展示物には有名映画作品に関するものも多く、言語に不安がある人でも十分に楽しめる内容になっています。スタジオ内での写真撮影は不可。保護者同伴であれば子どもでも参加可能です。

194feature02_06.png 194feature02_07.png

「WETAスタジオ見学ツアー」のお問い合せはH.I.S.NZまでお気軽にどうぞ!

カテゴリ:特集
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら