Vol. 196 職業コラム

第3回 支え合いの世の中に - 高齢者福祉施設マネージャー

Cornell Education Groupのジョブコラム


メインイメージ

What is 「Aged Care Centre Manager」?

 福祉施設のマネージャーは、病院や高齢者福祉施設、障がい者施設などにおいて非常な役割を担っています。現在ニュージーランドでは高齢化が進んでおり、それに伴って高齢者福祉施設マネージャーの需要も高まってきているのが現状です。主な仕事内容は、サポートを必要とする高齢者への介護サービスや生活支援の提供など、医療システムは国によって異なるので、まずは学校に通って専門知識を養うことをおすすめします。
 Cornell Institute of Business and Technologyは、医療業界での就職を希望する学生のためにさまざまなトレーニングを提供。留学生は年齢や学歴、職歴などの必要条件を満たせば、Level 7のディプロマコース(1年)で学ぶことができます。また、授業を受け持ってくれるプロフェッショナルな講師たちがていねいに教えてくれるので安心です。

ヘルスケアコースでLet's Learn!

(1) 衛生研究の理解 - 地域における総合的な衛生調査および分析を行い、その方法について学びます。
(2) ファシリテーティブ・マネジメントの応用 - コミュニケーションスキルや文化能力を分析し、また、スタッフやチームの士気を高めるための創造的思考を身に付けます。
(3) 公衆衛生の学習 - 衛生研究を応用し、各自が選択したトピックに関するプロジェクトを発案、実行します。
(4) 健康ビジネス学の理解 - 長続きするビジネスの構造や過程などを分析し、プロジェクトを提案、計画、実行する力を養います。

※詳しくは要問い合わせ。

多岐にわたる卒業後の進路

ヘルスプロジェクトマネージャー、コミュニティーヘルスセンターマネージャー、高齢者福祉施設マネージャー、クリニックマネージャーなど。

196job_01.png

講師紹介:De Silva博士

 イギリスのウェールズ大学で分子生物学の博士課程を修了し、ニュージーランド移住前にはスリランカのオープン大学で6年間にわたり動物学を教授。その後オークランドで7年の間、オークランド大学のリンギズ研究所に所属し、臨床研究をしていました。オークランド大学で公衆衛生学を学び、現在はCornell Institute of Business and Technologyのヘルスケア部門でプログラムマネージャーを務めています。

生徒コメント:Sheilaさん(フィリピン)

196job_02.png

 フィリピンで看護学を学び、ヘルスケアについてより深い知識を養うためにニュージーランドに来ました。ただ、しばらく勉強から離れていた私にとって、Cornell Institute of Business and Technologyで新たに勉強を始めるということはとても大変なことだったんです。大きな挑戦ではありましたが、ヘルスケア部門の先生やスタッフの方々が学生に協力的だったということもあって、非常に良い成績を収めて卒業することができました。
 在学中にアルバイトもしていましたが、2017年4月にコースを修了した後は、主に臨床看護やその他ヘルスケア関連の仕事をしています。今では徐々に給与額も上がり、2018年には"Best Graduate Student of the Year"のヘルスケア部門で賞を受賞しました。


※2018年7月現在、Cornell Education Groupでは特別プロモーションや奨学金制度を実施中!

カテゴリ:職業コラム
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら