Vol. 198 Food&Drink

オークランドでニューオープン 和牛で最高の食体験を Mad Samurai


メインイメージ

Mad Samurai
Shop 8, Snickel Lane, 23 Custom Street East, Auckland CBD
09-379-9846
Tue-Sat: 12:00 - 22:00 (Mon ~21:00)
Sun: 12:00 - 15:00
Web: https://www.madsamurai.co.nz
FB: https://www.facebook.com/madsamurainz
Insta: @madsamurainz

 2018年2月にオープンして以来、ファンを増やし続けている日本食レストラン「Mad Samurai」は、ニュージーランドにいながら日本人の味覚に合った本格的な和食を満喫できる、最高の場所。毎日22時(日曜15時、月曜21時)まで営業しているので、仕事帰りやショッピングの後にふらりと立ち寄るにはうってつけです。

198lunch_01.JPG

 Mad Samurai自慢のメニューは、Wagyu(和牛)。カンタベリー地方にある系列の独自牧場で丹精込めて育て上げた「Waitaha Wagyu(ワイタハ和牛)」は日本の和牛に近く、繊細で深い味わいと口に入れた瞬間にとろける柔らかい食感が特徴。病気予防をはじめ、アンチエイジングや美肌効果なども期待できる脂肪酸・オメガ3が含まれているため、健康的な食生活を心掛けている人にもおすすめです。

198lunch_02.JPG

 マヨネーズとバーベキューソースをWagyuに絡めたMad Samuraiロールや、ニュージーランドではあまりお目に掛かれないWagyuのユッケ、肉のうま味が引き立ったWagyuのタタキなど、多彩なメニューの中でイチオシなのが、Wagyuスライスステーキ(Wagyu Beef Steak Strips)で、Wagyuならではの芳醇な香りが堪能できます。また、海外で目にする機会が少ないハンバーグは、新鮮な和牛と風味を出すための熟成肉7:3の割合で作られたぜいたくな一品。通常はてりやきソースですが、和牛特有の深い風味を味わいたい人は「塩で」と注文してみて。

 がっつりお腹を満たしたいという人や、大人数で食事を満喫したいという人は、プラッターメニューも。Mad SamuraiこだわりのフレッシュなWagyuをふんだんに使用した肉プラッター、そして開店以来大人気メニューの一つとなっている寿司プラッター。東京で寿司職人をしていたところ、腕を見込まれてヘッドハンティングをされたというヘッドシェフの三木さんが握る寿司は、超一流です。寿司に使うネタの選定は全て三木さんが担当。

 スナッパーやキングフィッシュなど種類はさまざまですが、中でも確固たるこだわりを持って選んだサーモンは、食感や味わいなど、何を取ってみてもほかでは味わえない最上級品です。オークランドでワンランク上のぜいたくな和
食体験がしたいなら、Mad Samuraiへ。日本人ならではの痒い所に手が届くサービスと、ニュージーランドらしいフレンドリーなおもてなしで、日々の疲れを癒してくれます。


NZdaisuki magazine特典
NZdaisuki magazine10月号持参の方はお会計から10%OFF
※NZdaisuki magazineはNZ国内のSt.Pierre's主要店舗、日本食レストラン、図書館などで入手可能。NZdaisuki.comのオフィスでもお渡ししています。

各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら