Vol. 199 記事

世界選手権日本代表チーム初優勝 GIO 2018 IWRF Wheelchair Rugby World Championship


メインイメージ

 2018年8月5日から10日までの6日間にわたり、オーストラリアのシドニーで4年に一度の国際スポーツ大会・ウィルチェアーラグビー世界選手権が開催されました。

 世界ランキング4位の日本代表チームは、予選において、アイルランド、ニュージーランド、スウェーデン、デンマークを打ち破り、準決勝では対アメリカに勝利。

 決勝戦で戦うこととなった、2016年リオデジャネイロパラリンピックで金メダルを獲得した強豪国・オーストラリアには、激闘の末、62-61で熱い大接戦を制しました。見事初優勝を飾った日本が頂点に立つのは、パラリンピック、世界選手権を通じて初の快挙となります。

 チームの優勝に大きく貢献する好プレーを演出した三菱商事所属の今井友明選手と池崎大輔選手は、攻守それぞれの役割を思う存分発揮。池崎選手は攻撃の中心としてチームを力強く引っ張り、MVP(最優秀選手)に輝きました。

199wheelchair_02.JPG 


ウィルチェアーラグビーとは

 四股に障害がある人が車いす(ウィルチェアー)に乗って行うスポーツの1つ。競技には、ラグビー、バスケットボール、バレーボール、アイスホッケーなど、さまざまなスポーツの要素が組み合わせられている。一般のラグビーとは異なり、ルールの規定内であれば、前方へのボール回しも認められている。2017年にオークランドで開催された「Wheelchair Rugby Asia Championship」では、日本代表チームは韓国とニュージーランドを破り、準優勝を果たした。
※「Wheelchair Rugby Asia Oceania Championship」の特集記事は、E-Cube(現NZdaisuki magazine)2017年11月号 Vol.188 Pick Up!をご覧ください。(http://www.ecube.co.nz/content/1883

199wheelchair_03.JPG


ウィルチェアーラグビー
知っておきたい基礎知識

199wheelchair_01.png

カテゴリ:記事
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら