Vol. 202 記事

未来の国を旅するガイドブック 四角大輔さん独占インタビュー


新しいスタイルのニュージーランドガイドブック「Lovely Green New Zealand 未来の国を旅するガイドブック」が発売されてから5カ月。ニュージーランドを「ハワイと北欧のハイブリッド」と表現する著者の四角大輔さんに、ニュージーランド移住や現在の生活、ガイドブックについてのお話を伺いました。

四角大輔(よすみ だいすけ)さん

ニュージーランドの森で半自給自足生活を営む執筆家。ベストセラー『自由であり続けるために20代で捨てるべき50のこと』、『モバイルボヘミアン旅するように働き、生きるには』、最新刊『人生やらなくていいリスト』など著書多数。レコード会社時代には絢香やSuperfly、CHEMISTRY、平井堅などをプロデュースし、10度のミリオンヒットを記録。

― ニュージーランドに憧れを持ったのはいつでしたか?

 大学生の時、ニュージーランドに留学していた友人から手紙が届いたことがきっかけです。そこには一枚の写真が添えられていて、青く透明で雄大な湖を背景に、巨大なマスを持っている姿が写っていたんですね。景色の美しさもさることながら、そのマスの大きさがすごかった。日本にいたら一年中釣りをしても一匹釣れるかどうかというサイズだったんです。多分、60センチぐらいはあったと思います。
 もともとキャンプや釣りなどのアウトドアが好きだったので、友人から「ニュージーランドではこのサイズのマスが簡単に釣れる」と聞いて、「行くしかないな」と移住を心に決めました。

― それが今につながっていると。

202article_01.png

 10年。これが自分の中で、移住までに日本で働こうと決めた期間です。
 若いうちに渡航することもできたと思いますが、当時の自分の現状を考えた時、いきなりニュージーランドに行ってもできる仕事はほとんどないということに気が付いて。まずは日本でビジネス経験を積んで、ちゃんとした実績を作ってから行こうと考えました。そうすれば、この国に良い形でエントリーできるだろうと。
 新卒でソニーミュージックに入社し、これが大変な仕事だったのですが、それ以上に感動が多く、最終的には15年もの間、レコード会社で働くことになりました。その期間にニュージーランドを訪れた回数は15回。何度も下見を重ねて、現地の人たちとの関係を築き、地盤を固めてから技能移民部門で移住したんです。

― 今は半自給自足の生活をされていると伺いました。

 今の時期に我が家の畑で採れる作物は、野菜やハーブ、果物を合わせると約50種類ほど。無農薬・無化学肥料の100パーセントオーガニックです。加えて、周りの森にも果物やキノコ、そしてカワカワやピコピコといったニュージーランド原生の山菜が自生しているので、自然の恵みを享受しながら生活しています。
 また、基本的には夜明け前に起床して太陽が沈むのと同時に活動を止めるというライフスタイルなので、超健康体になりました。頭を使う執筆などの仕事は午前中に終わらせて、午後は畑仕事や、家の前の湖で大きなマスを釣ったり泳いだりして、体を動かしています。

202article_02.png

― 今回発売されたガイドブック「Lovely Green New Zealand」は、そんな四角さんが考えるニュージーランドの魅力がたっぷり詰まっているんですね。

 企画から取材・編集、発売までにさまざまな苦労がありましたが、想像以上の売れ行きで自分でも驚いています。制作には、発案者である僕をはじめ、ニュージーランド写真家の富松卓哉くん、日刊ニュージーランドライフ主宰の長田雅史くん、NZdaisuki.com社代表の野澤哲夫さんが携わっていて、みんなで案を出し合いながら取材先を決めました。
 掲載しているのはどれも、2カ月以上かけて実際に足を運び、おすすめできると思った所ばかり。ネットで調べただけでは分からない、足で掴んだ現地情報がぎゅっと詰まっています。

― 3月に開催されるJAPAN DAYにも参加される予定だとか。

 はい。NZdaisuki.com社のブースでガイドブックの販売およびサイン会をする予定になっています。また、当日には、野澤さんと一緒に3階のステージで、ガイドブックの裏話やニュージーランドの魅力についてお話させていただきます。英語の同時通訳もありますので、ぜひ皆さんでいらっしゃってください。お待ちしています!


Lovely Green New Zealand 未来を旅するガイドブック」は、ニュージーランド国内ならNZdaisuki.com社から購入可能。まずはメール(sales@nzdaisuki.com)で在庫状況をご確認ください。お支払いについては、クレジットカードもしくは銀行振込での決済に対応しております。25ドル(送料無料)。
※日本在住の方はAmazonや全国の書店でお買い求めいただけます。

各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら