Vol. 203 特集

特集3:キレイを目指そう 体のセルフメンテナンス

ネイルケア


健康的できれいな指先を見ると、それだけでグッと印象が良くなるもの。意外と人に見られているネイルのセルフケアについて、口コミで大人気のMapiS NaiLさんにお聞きしました。

MapiS NaiL
TEL:021-767-177
※日本語テキスト歓迎です。
HP:www.mapisnail.com
E-mail:mayumi@mapisnail.com
営業時間:要問い合わせ

Q. ネイル・ポリッシュを自分で塗るときのコツを教えてください。

 ネイル・ポリッシュを塗るとき、筆の方を動かしていませんか? 実はこの塗り方、ムラができる原因の一つ。ネイリストが当然のように行っているのは、爪の方を動かすということ。筆を同じ位置に構え、爪を上下に動かせすのがコツ。また、爪の真ん中に少量の液を乗せ、あとは表面張力を利用して薄く伸ばすようにして塗ると、きれいな仕上がりになります。

Q. セルフネイルに挑戦するとき、気を付けなければいけないことはありますか?

 皆さん、直にネイル・カラーポリッシュを塗ってしまうことが多いようなのですが、絶対にダメ。直接爪にカラーポリッシュを塗り込んでしまうと、色素沈着により爪が変色してしまいます。セルフネイルに挑戦するときは、必ずベースコートを塗るようにしましょう。リムーブ(オフ)する時もスルッと落としやすくなります。

Q. ネイルを早く乾かす方法はありますか?

 ポリッシュを塗る際は、分厚くたっぷりの量で1回塗るよりも、薄く2回塗ったほうが乾きが速いので、トータルにかかる時間は短いですね。
 完全に乾いてから次の層を塗り重ねていかないと、仕上がり後に触れた時に跡がついたり、グニャっとなりやすいです。
 ネイリストがよくやることなのですが、トップコート後の爪にキューティクルオイルを塗ると通常よりも早くポリッシュが乾きます。また、ネイル用の速乾剤なども市販のものがありますので、それを買ってみてもいいでしょう。時短ネイルをしたい人におすすめ。

Q. 今流行りのネイルを教えてください。

 私もずっとインスタグラムなどのSNSでトレンドを追い掛け続けているのですが、最近日本で流行っているのは小さなドライフラワーを乗せたり、ワイヤーやヤーンを埋め込んだ可愛らしいスタイル。ネイルデザインにはいろいろな種類がありますので、MapiS NaiLに写真やイメージをお持ちいただければと思います。

甘皮処理から全て自分で!
セルフでできるネイルケア

「甘皮やささくれが気になってはいるけれど、実際のところ処理の仕方が分からない」という人も多いのではないでしょうか。自宅で簡単にできるセルフネイルケアをご紹介します。

■必要な道具■

203feature3_01.jpg

● ハンド・サニタイザー
● ジェル・リムーバー
● コットン
● アルミホイル
● 爪やすり(ネイル・ファイル)
● ウッドスティック
(爪やすりで先端を尖らせた割り箸で代用可)
● キューティクル・ニッパー
● キューティクル・リムーバー
● プッシャー
● 好きな色のネイル・ポリッシュ
● ベース&トップコート
● ネイルブラシ(歯ブラシで代用可)

① 市販のハンド・サニタイザーを使って爪を消毒する。
(ジェルオフの場合2.4.5)

203feature3_02.jpg

② 爪やすりを使い、爪をコーティングしているジェルを削っていく。
ポイント:
表面を傷付けるイメージで先端までしっかりと。ささくれや手荒れの原因となるため、皮膚に触れないよう注意。

203feature3_03.jpg

③ ネイルの長さを調整したい場合は、爪を切る。
ポイント:
爪のカーブに合わせて真ん中→両端の順で3回に分けて角を落とすようにカット。

203feature3_04.jpg

④ ジェル・リムーバーを染み込ませたコットンを爪の上に乗せ、アルミホイルで巻く。
ポイント:アルミホイルで指を切らないよう要注意。爪の周りにハンドクリームを塗布しておくと、手荒れが防げる。

203feature3_05.jpg

⑤ 5~10分ほど置き、ジェルをオフ。

⑥ 再度消毒をした後、お湯で甘皮部分を湿らせてキューティクル・リムーバーを塗布。プッシャーで甘皮を押し上げるようにして処理。
ポイント:プッシャーが自宅にない場合は、ウッドスティックの丸い方で代用可。先端にコットンを巻き付けお湯で湿らせれば、即席 プッシャーの出来上がり。これで甘皮処理をするときは、爪の上を円を描くように滑らせる。

203feature3_06.jpg

⑦ ネイルブラシでネイルの表面をこする。

203feature3_07.jpg

⑧ ニッパーで甘皮を除去。
ポイント:この時にささくれの元なども処理するが、ニッパーでけがをしないよう注意。ささくれを爪や指先で無理矢理取るのは厳禁。

203feature3_08.jpg

⑨ ベースコート→ネイル・カラーポリッシュ→トップコートの順で塗れば、今日からあなたも爪美人。(塗り方のコツは上記参照)
ポイント:毛先が細いものを選ぶのがおすすめ。表面だけでなく、エッジ(爪先、角)にも塗っておくとひび割れしづらくなる。

203feature3_10.jpeg

MapiS NaiL
おすすめネイルケア商品

SpaLuce 爪美容液

 爪と皮膚の専門医が生み出した、プロが愛用する爪の美容液。SpaLuceを使用すれば、自宅でサロン気分が味わえる。ホームケアアイテムとしてぴったり。

203feature3_11.jpg

各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら