Vol.22 時代を飾るキウイ ニュージーランド・ファッションウィーク社長


10月19日から24日までロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークが開催される。今年で3回目を迎えるこのイベントは世界で最初の2004年秋冬コレクションであり、ニュージーランドのファッションを世界中のバイヤーやメディアに紹介する絶好の機会でもある。世界のファッション・トレンド発信基地である、パリ、ミラノ、ニューヨークなど、昔から多くの注目を集めるファッション都市などと比べると、ニュージーランドのファッションなど取るに足らないと思われがちだが、この数年の間に、何人かのニュージーランド出身のファッション・デザイナーが世界各地でブレイクしている事実を見ると、世界のファッションシーンを語る時にニュージーランド・ファッションを見逃すことができないとも言われるようになって来ている。
個性的で世界が注目するファッションデザインが出来上がるのはニュージーランドというお国柄に負うところが大きいと言い、輸出額の増加、国内の若い世代のファッション産業への関心を呼び起こさせるなど、ニュージーランド・ファッション産業の牽引車になり、ニュージーランドのファッション大使として世界中を飛び回っているのがピエタ・スチュワートだ。ニュージーランド・ファッションがおもしろくなる時代はこれからだと確信し、すでに来年、再来年もこのイベントを実施すると宣言している。

ニュージーランド・ファッションウィーク社長

Pieter Stewart Managing Director New Zealand Fashion Week Limited
ピエタ・スチュワート ニュージーランド・ファッション・ウィーク社社長

クライストチャーチ生まれ、マウントハット育ち。モデルを経験後、結婚、出産、4人の子供の母親として12年間家庭に入る。その後、仕事への意欲が湧き、クライストチャーチでモデル事務所とモデル学校を設立。雑誌、テレビなどのファッション・アドバイザーとしても活躍。2001年にニュージーランド・ファッション・ウィークの発起人となる。現在クライストチャーチ在住。

基本的にはバイヤー、メディアなど業界関係者のイベントだが、一般も参加できる催しもある。

今年のロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークは10月19日から24日まで、オークランドのタウンホールTHE EDGEをメイン会場にして開かれます。19日に開会をし、20日から23日まではバイヤー、メディア、評論家などの業界関係者がデザイナーにインタビューをしたり、商談をしたりするトレードショーの機会なのです。また、それと同時にジュエリー、バッグ、シューズなどのファッショアイテムでショーを行わないデザイナーやメーカーなどが出展する展覧会も行われます。過去の2回と違って、開催日が一日長くなりました。それは海外から来たバイヤーが商談にもう一日欲しいと言って来たからなのです。
ですから、ロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークが開催されているからと言って、一般の方々が出入りできるわけではないのです。しかし、一般の方々からの「どうしたら入場できるのか」という問い合わせを多くいただきます。そこで今年は、入場料を払っていただくのですが、一般の方々が参加できるイベントを2つ用意しました。一つは23日午後6時と8時半の2回行われるロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークのメインイベントであるStyle On Stage、参加デザイナーが作品を披露するキャットウォーク、つまりファッションショーです。場所はタウンホールTHE EDGEのThe Great Hallです。入場料は25ドルになります。もう一つは24日午前10時から午後6時までアオテアスクゥエアで開かれるNewmarket Fashion Fridayです。チャンスがあれば、サンプルやひとシーズン前のストックをデザイナーから直接買うことも可能です。また、様々なファッションアイテムが展示され、購入もできます。ファッションショーも開かれます。入場料は15ドルです。

成長期を迎えているニュージーランドファッション
今こそ、ニュージーランドファッションを世界に向けて発表するのにベストだと言う

ニュージーランド・ファッション・ウィークを立ち上げた年、2001年は10月末でした。残念なことにニューヨークのテロ事件の直後でした。初めてのニュージーランドでの大規模なファッションイベントということで、海外から多くのバイヤーやメディアが来ることになっていました。が、ほとんどがキャンセルになってしまいました。来たのはオーストラリアからだけでした。隣の国ということで、ファッションアイテムの輸出入は既に深い関係があったからでしょう。他の国には、まだニュージーランド・ファッションが世界にあまり知られていませんでした。海外からの興味を引き出すだけでも大変だったのですが、見事にキャンセルが相次ぎました。
翌年はやはり10月末に実施しました。前年のテロ事件の余韻は既になく、世界中のファッション関係者が来てくれました。数人のファッション・デザイナーが香港、ロス、ニューヨークなどで既にブレイクしており、メディアでも大きく取り上げられるようになっていました。また、アメリカ、香港、イギリスなどの優れたバイヤーやエージェントがこれらのデザイナーと契約したことも大きいと思います。「Karen Walker」が日本でブレイクしたのは、日本にいいエージェントがいるからです。言葉や文化が違うことで、ニュージーランドのデザイナーにとって、日本は他の国と違ってまだまだ遠い国なのです。日本人はファッションに関心の高い国民ですから、ニュージーランド・ファッションがもっともっと注目されていいと思います。それにはエージェントが不可欠なのです。
そして、今年の3回目はまさにいいタイミングだと思っています。今、ニュージーランドはファッションデザインで成長期にあると思います。成功するデザイナーが増え、海外からの注目度も増し、国内ではファッション業界に就職したいという人が増えています。今回は50組という過去最高の参加レーベル数を集め、特に若い駆け出しのデザイナーにとっては、自分の国で開かれるイベントということで、お金をかけずに今までのデザインの成果を披露できるチャンスなのです。

ニュージーランドファッションの特徴
世界地図の端にある、孤立した位置がニュージーランドファッションのデザインに欠かせない要素

あるメディアはニュージーランド・ファッションの特徴を新しいベルギーだと評しました。ベルギーは世界のファッションシーンの舞台に遅く出て来て、斬新なデザインで一時的に世界のファッションメディアの注目を集めました。ニュージーランドもベルギーと同じように遅れて世界の舞台に出て来たからなのでしょう。しかし、私はニュージーランド・ファッションをベルギーと一緒にしてもらいたくはありません。ベルギーのファッションはあまりにまじめ過ぎて、ニュージーランドのファッションと正反対に位置すると考えているからです。
ニュージーランドファッションの特徴は
1 デザインが広範囲 ストリートファッションからエレガンスまでカバーされている。
2 独創的、発想がユニーク。
3 どこかかわいらしさがある。
4 他の国のデザインを真似しない、オリジナル性に富んでいる。

と言えるでしょう。例えばオーストラリアと比較するとよく分かるのですが、オーストラリア・デザインはより明るく、開放的でイタリア的なデザインが多いのが特徴です。天候が大きな要素を占めているのではないでしょうか。その点、ニュージーランドは世界地図で他の国から隔離された「ISOLATION(孤立)」がキーワードになっていると思います。離れていることで、他の国からの影響を受けず、また、他の国の真似をすることもなく、自分らしさを追求することになり、これがデザインをする上でオリジナリティに繋がっていると思います。

これほど特徴があるニュージーランド・ファッションです。ですから、ロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークを実施して、海外からのバイヤーやメディアを呼ぶことができるのです。

毎年新しい才能が生まれる
毎年参加するデザイナーが増える。選考基準は「Ready To Export」

今回は日本人のデザイナー「Sakaguchi」を始め、5組の新しいデザイナーが参加し、トータルで50組のレーベルまで膨れ上がります。選考には書類審査、面接、作品チェックなどがありますが、最も重視されるのは、「Ready To Export」つまり、すぐ輸出できるかどうかです。このイベントのメインスポンサーは化粧品ブランドのロレアルですが、キーパートナーとして、ニュージーランド政府の関係機関New Zealand Trade & Enterpriseも名を連ねます。ニュージーランドのファッション産業が海外で成功を収めるよう、国内外のネットワークを使い、輸出の後押しをするのです。そうすることでニュージーランドのファッション産業が国際競争力をつける事になるからです。ですから、選考基準に「Ready To Export」が重要視される理由が分かると思います。今回は10組ほどがその基準を満たさないということで、参加を見合わせてもらいました。
ロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークは参加したデザイナーやレーベルを海外で成功させ、ニュージーランド・ファッションを海外で注目させる起爆剤になると自信を持っています。
実際、昨年参加したクライストチャーチのレーベル「NG」はロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークの直後に海外のバイヤーから大量の注文が入り、右上がりの成長を見せています。クライストチャーチはこのところ、優れたファッション・デザイナーが輩出されています。今年もオークランドに次いで多くのレーベルが参加します。「Sakaguchi」はオーストラリアの「Akira Isogawa」の様にブレイクする可能性も大いにあると思います。

メディアの露出度でも莫大なものがあります。広告料金に換算するとニュージーランド国内だけで、第1回目の2001年と2回目の2002年を比べると約2倍の約4百万ドルになっています。

世界中が顧客
ロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークの開催期間だけが仕事ではない。

ロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークは毎年10月末に開催されます。それは、今、北半球が2004年の春夏物の季節だからです。南半球にいると季節が逆ですから、半年早めることになります。つまり、2004年の秋冬物となるわけです。 私は一年中、この仕事に掛かりっきりです。毎年このイベントが終わると、各種の支払い、全体の見直しを年末までに終え、年が明けると、世界各地でニュージーランド・デザイナーの知名度を上げるためのマーケティングを始めます。まず、1月に香港、3月にメルボルン、4月はロスへ。5月はロンドン、ニューヨークへ。ニューヨークではロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークの告知を映画「Lord of the Rings」に絡めて紹介したこともあります。そのあとは再びオーストラリアへ行きます。
6月以降は4か月後に控えているニュージーランド・ファッション・ウィークの仕込みを開始し、新しいデザイナーの発掘やイベント内容の検討に入ります。今年はスポンサー、各デザイナー、そしてファッション産業用にこのイベントがニュージーランドの経済にどれ程のインパクトがあったかのレポートをまとめます。私は5年前に、ニュージーランド・ファッションが外貨を稼ぐ主要輸出部門になると確信していました。現在は生地なども含めたファッション産業はワイン産業よりも輸出額が大きくなっているのではないでしょうか?

さらに、将来、ニュージーランド国内のファッション産業に関わる人材を確保することも私の重要な仕事です。大学やポリテクでファッションを専攻している学生にロレアル・ニュージーランド・ファッション・ウィークの開催中にボランティアスタッフとして参加してもらいます。デザイナーと言葉を交わしたり、影響力の大きい海外のバイヤーやメディアの仕事の様子を目の当たりにするなどの刺激は数年前まではニュージーランド国内では考えられませんでした。キャリアとしてファッション産業を選んでくれる学生が増えれば、ニュージーランドのファッション産業はますます力強くなるに違いありません。

カテゴリ:ファッション
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら