Vol.68 時代を飾るキウイ ニュージーランドのバレリーナKatie Hurst-Saxtonさん


「自然の宝庫」「羊」「オールブラックス」-ニュージーランドと聞いて一般の日本人が思い浮かべるイメージは、だいたいこのようなものだろう。確かに自然美や盛んなスポーツ活動はこの国の大きな魅力だが、ニュージーランドに滞在すると、文化や芸術面も優れているということがわかるはず。特に首都ウェリントンは映画と演劇産業の中心地であり、オペラ、バレエ、交響楽団など、質の高いパフォーミングアーツを楽しむことができる。ニュージーランドが誇る舞台芸術のひとつが、ウェリントンに本拠地を置くロイヤル・ニュージーランド・バレエ団。キウィのみならず、オーストラリア、アメリカ、南アフリカ、日本など世界各国から選りすぐった30人のバレエ・ダンサーを抱え、国際的にも評価の高い国立バレエ・カンパニーだ。『ドン・キホーテ』『眠れる森の美女』といった古典作品から20世紀以降に発達した現代バレエまで、演目の範囲は幅広く、年に3回行われるニュージーランド各地を回る全国公演ツアーでも、毎回数多くの観客を魅了している。そんなバレエ団で活躍する若きプリンシパル(主役級のバレエ・ダンサー)がケイティ・ハースト=サックストン。今年5月~7月に上演された『白鳥の湖』で主役のオデット/オディール役に抜擢された注目株だ。ニュージーランドバレエ界の明日を担うケイティに、お話を伺った。

Katie Hurst-Saxton<br />ケイティ・ハースト=サックストン バレリーナ / Ballerina<br /><br />1985 年クライストチャーチ生まれ。5 歳からバレエを始め、12 歳でインターナショナル・バレエ・アカデミーに入学。シャーリーン・ケネディとラッセル・ケルーに師事する。2002 年にロイヤル・ニュージーランド・バレエ団に入団。その翌年には早くも公演でソロ・パートを任され、『マダム・バタフライ』でケイト役、『ドラキュラ』でルーシー・ウェステンラ役など、重要な役柄を多数務めている。ショッピングが大好きで、オークランドではハイストリートがお気に入り。 <br /><br />公式サイト : http://www.nzballet.org.nz

幼い頃からバレエに夢中

私は物心がついた頃から踊ることが大 好きでした。両親にレコードショップに連れて行かれると、店内に流れている音楽に合わせてその場で踊り出してしまったくらい、生まれながらにダンスに夢中だったんです。それに母も趣味でバレエを習っていたので、自宅にバレエの写真集が何冊かあったんですね。それを見て、幼いながらに「バレエをやり たい!」と強く思ったことを覚えています。 それで母にお願いして、5歳から地元のバレ エスクールでレッスンを受けるようになりました。

全日制のバレエ専門学校インターナショ ナル・バレエ・アカデミーに入学したのは 12歳の時です。通っていたバレエスクールにア カデミーの講師が来て、レッスン中の私を見て声をかけてくれたんです。ニュージーランド・バレエ界のトップダンサーであるシャーリーン・ケネディとラッセル・ケルーが主宰するバレエ学校でしたから、もう大感激でしたね。それ以降、日中はひたすらバレエの稽古に打ち込み、夜に通信教育で通常の学校の勉強をするというハードスケジュールが始まりました。 でもその頃の私は、すでに将来の目標をプロ のバレリーナと定めていましたので、厳しい練習も苦になりませんでした。

今思い返しても、シャーリーンとラッセルという、タイプの違う2人の師匠を持てた ことは幸せでしたね。シャーリーンからは技術的なことを、ラッセルからはアーティストとしての感性や表現方法などを教えてもらいましたが、この両面はバレエ・ダンサーにとって不可欠な要素で、今も私の踊りの核になっています。 アカデミーに入って5年後の2002年、 現在所属しているロイヤル・ニュージーランド・バレエ団のアーティスティック・ディレクター、ゲイリー・ハリスが来校しました。私たち生徒は知らされていなかったのですが、 当時、ゲイリーは新人のダンサーを探していて、アカデミーに視察に来たそうなのです。 そして私ともう1人、アカデミーの生徒が選ばれ、バレエ団への入団が決まりました。子供の頃からの念願が叶ってとても嬉しかったし、こんな幸運があるなんて、と信じられない気持ちでしたね。アカデミーの最終年度11は終えていませんでしたが、必要な単位は取得していたので、すぐに卒業し、団員に選出された 10日後にはウェリントンへ引っ越していました。急に環境がガラリと変わったので、しばらくの間はまだ夢を見ているような心持ちでした。

のびのび踊るのがニュージーランドのバレエ・スタイル

入団してすぐ、ウェリントンで初舞台を踏みました。それまでもアカデミーの公演や地元クライストチャーチの劇場などで舞台経験がありましたが、ニュージーランドを代表する国立バレエ団のステージですから、規模が比較になりません。幕が開く前は緊張のあ まり舞台袖で震えるほどでしたが、精一杯、 踊った後は何ともいえない達成感に包まれました。 私にとってバレエの魅力は、まさにこの 「舞台」にあると感じています。観客の前で自分の持っている力を最大限に披露し、その反応をダイレクトに受けることができる。そこがバレエの醍醐味なんです。セットや衣装、 照明など、ステージを彩る要素は多々ありますが、バレエの公演ではやはりダンサーの 技量が最もものをいいます。特にソロのパートでは観客の目が一点に自分に注がれるでしょう。そこで人々を唸らせるパフォーマンスを見せなくてはいけません。そのためには 日々の積み重ねが大事。非常にやりがいがありますよね。 また、歌詞や台詞を一切伴わないバレエに は言葉の制約がなく、国際的であることもおもしろい点だと思います。私たちのバレエ団にもさまざまな国籍のダンサーが在籍していますし、海外からのゲストダンサーを迎えることもあります。それぞれのバレエ・スタイルに特徴があるので、興味深いですよ。バレエ団には日本人ダンサーもいますが、彼らからよく聞くのは、「ニュージーランドのバレエは日本のものと比べてのびのびしている」ということ。大らかな国柄がバレエにも表れているのでしょうか。 バレエ団では海外公演もしばしばあり、 これまでに英国やアメリカのサンフランシスコ、オーストラリア各地などに出かけました。今年の11月には中国で3週間の舞台を控えています。私は、中国はもとより、アジア諸国に行ったことがないので、わくわくしています。 でも海外で踊ることは、国内での公演と感覚的にそう変わりがないですね。どこに行ってもダンサーはベストを尽くしますし、観客の方々も国内同様、盛大な拍手で応えてくれます。先にも述べましたが、バレエには言語の壁がないことが大きいのかもしれません。 バレエ団には年間3つのシーズンがあり、 公演で旅が多いので、体調の管理には注意を払っています。この国は南北に長いため、 各都市で気候が異なりますし、ステージの状態も違います。例えばオークランドのアオテア・センターにあるザ・エッジは、サイズも大きく、雰囲気もよく、ダンサーのモチベーションが上がる劇場なのですが、床がとっても固いんです。ですから怪我をしやすいことが難点。私たちはオークランド公演の際は、 足を痛めないよう、あまり激しすぎるダンスは避けるようにしています。 そのほか、ツアー中は無理をしすぎない こと、マッサージを入念にして疲れを取ること、ストレッチをしっかりすること、肉を食べて力をつけることなどを心がけています。

目標はフレディ・マーキュリー

今年の第2シーズンでは、「白鳥の湖」の 主役オデット/オディール役を演じました。 バレエ団では配役はアーティスティック・ ディレクターであるゲイリーの担当で、特に オーディションのようなものはないんです。 ゲイリーはダンサー一人ひとりの特質を把握していますし、演目についても熟知していますから、どのダンサーがどの役に適しているかを正確に判断できます。そのゲイリーに主役に選んでもらい、光栄でしたが、同時に 恐怖でもありました。それ以前にもプリンシパルを務めたことがありますが、「白鳥の湖」は誰もが知っている古典中の古典ですから その主役ともなれば大役です。公演の前はいつも6週間のリハーサル期間を設けますが、 「白鳥の湖」前の練習はいつもに増して厳しく、皆、毎日朝の9時半から夕方5時半まで、 くたくたになるまで稽古を重ねました。私は毎晩、寝る前にベッドの中で泣きそうになるくらいプレッシャーを感じましたが、無事に踊りきることができ、反響もよかったので安心しましたね。いい経験となったので、これからもドンドン大役に挑んでいきたいです。 次のシーズンは「シンデレラ」を予定しています。この作品はクラシックをベースにしていますが、モダンな振り付けがされているので、「白鳥の湖」とは全くタイプが違いますね。私はどちらかというとクラシックのほうが好きなのですが、フリースタイルの現代バレエもおもしろいので、楽しんで踊りたいと考えています。 今後は自分のスタイルを確立して、もっと もっと上達し、最高レベルのバレリーナになりたいですね。私は父の影響からクイーンと デヴィッド・ボウイのファンなのですが、特にクイーンのフレディ・マーキュリーからは かなりインスピレーションを得ています。クラシックなバレエとロックは一見、相容れないように見えますが、どちらもパフォーミングアーツという共通点があるんですよ。余暇にしばしばクイーンのDVDを鑑賞しているのですが、彼が観客を自分の世界に引き込み、会場全体を魅了する様は、バレリーナの私にとっても参考になります。彼のような魅惑的なパフォーマンスができるバレリーナになりたい--それを当面の目標に、踊り続けたいと思います。

カテゴリ:技術職
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら