Vol.2 Career up in NZ ニュージーランドのライフ・コーディネイター


1970年3月14日に開幕した大阪万博。 会場に向かうモノレールの中に一色良子はいた。 「どこの国の人だったかは覚えていませんが私の知らない言葉で話かけてくる人がいました。それが英語との、外国との出会いでした」

当時、小学生だった良子は親に頼んで英単語の本を買ってもらう。以来、時間があればそれを開いていた。
「毎晩、必ずベッドの中で眺めていました。小説を読むのと同じ感覚で見ていましたから。今でも最初のページのAppleは覚えています。私にとっての最初の単語がそれでしたから。アルファベット順に単語が並べてある本で、その一冊が飽きると次の本を買ってもらって、飽きるとまた次の本というように英単語の本ばかり読んでいました。そこに出てくる文字を通して外国を見ていたような気がします。大人になったら絶対に行こうと思っていました」

その後も良子は海外への思いを募らせ、旅行会社に就職をした。

「添乗員として初めの頃の主な行き先はヨーロッパやアメリカでした。ニュージーランドに来たのは数年経った87年。そのときの感動は忘れられません。正確に言えばニュージーランドというよりオークランドが気に入ってしまいました。街の中に自然が点在していて、適度に都会で適度に田舎で。なによりも寒くないという気候が快適でした。温度、湿度、そして太陽。私のイメージしていた海外にぴったりで、そのときにはすでに私はここに住むと勝手に決めていました。ただ、それじゃあ明日からオークランドで生活します、というわけにはいかないので、帰国してすぐにニュージーランドへ添乗する仕事の希望を出しました。この仕事を他の人には譲りたくなかったので、この国についても猛勉強しました。それが認められたのでしょうか、ここへの仕事はほとんど私に廻ってくるようになりました。多いときには1年に10回くらい来ていました」

夢中になるとまっすぐに進んでいく。目標を定めたら決してあきらめない。良子はオークランドという目標にゆっくりではあるが確実に近づいていった。

97年に学生として入国。そこで今の夫であるDouglasさんと知り合い結婚。良子は次に、ビジネスを立ち上げるという目標を作った。

「実は日本で仕事をしていたときからの大きな夢でもあったのです。最初は旅行に関することで始めていきました。私自身がこれまで培ってきたことは旅行関連の仕事だったからです。ただ、それだけでは物足りない感じがしていました。そこで自分がここで経験したことをそのまま生かせることがないかと考えたときに浮かんだのがブライダルのコーディネーションでした。そうやって少しずつやりたいことと、できることを集めていきました。ロングスティや留学、夫の得意分野である不動産投資のコンサルティングなどにも広げています」

良子は自らをニュージーランド・ライフコンサルタントと呼ぶ。ニュージーランドでの生活すべてを手助けするという。
「今住んでいるところが自宅兼オフィスです。仕事の内容が『生活』ですからウェディングでも語学留学でも、短期間の旅行でも、日本からのお客さんにはできるかぎりここに来てもらって、ニュージーランドの生活を感じてもらうようにしています。
特にロングステイで来られる年齢が高い方々に 1970年3月14日に開幕した大阪万博。
会場に向かうモノレールの中に一色良子はいた。
「どこの国の人だったかは覚えていませんが私の知らない言葉で話かけてくる人がいました。それが英語との、外国との出会いでした」

当時、小学生だった良子は親に頼んで英単語の本を買ってもらう。以来、時間があればそれを開いていた。
「毎晩、必ずベッドの中で眺めていました。小説を読むのと同じ感覚で見ていましたから。今でも最初のページのAppleは覚えています。私にとっての最初の単語がそれでしたから。アルファベット順に単語が並べてある本で、その一冊が飽きると次の本を買ってもらって、飽きるとまた次の本というように英単語の本ばかり読んでいました。そこに出てくる文字を通して外国を見ていたような気がします。大人になったら絶対に行こうと思っていました」

その後も良子は海外への思いを募らせ、旅行会社に就職をした。

「添乗員として初めの頃の主な行き先はヨーロッパやアメリカでした。ニュージーランドに来たのは数年経った87年。そのときの感動は忘れられません。正確に言えばニュージーランドというよりオークランドが気に入ってしまいました。街の中に自然が点在していて、適度に都会で適度に田舎で。なによりも寒くないという気候が快適でした。温度、湿度、そして太陽。私のイメージしていた海外にぴったりで、そのときにはすでに私はここに住むと勝手に決めていました。ただ、それじゃあ明日からオークランドで生活します、というわけにはいかないので、帰国してすぐにニュージーランドへ添乗する仕事の希望を出しました。この仕事を他の人には譲りたくなかったので、この国についても猛勉強しました。それが認められたのでしょうか、ここへの仕事はほとんど私に廻ってくるようになりました。多いときには1年に10回くらい来ていました」

夢中になるとまっすぐに進んでいく。目標を定めたら決してあきらめない。良子はオークランドという目標にゆっくりではあるが確実に近づいていった。

カテゴリ:起業系
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら