Vol.61 自由時間 -ニュージーランドでダイビング-


『海の活動』を日本で行ってきた植木弥生さん。ニュージーランド発祥の海の活動『Waterwise(ウォーターワイズ)』やダイビングなどを通して、積極的に海の楽しさを自らも体験する彼女。そんな弥生さんにニュージーランドで経験した新たな『海の活動』の体験や発見について語っていただいた。

ニュージーランドのダイビングショップ・ボランティア 植木弥生さん 1982年広島県生まれ。高知大学教育学部卒業。大学在学中に、『海の活動』に目覚め、高知県室戸の少年自然の家でボランティア活動に励む。大学卒業後、少年自然 の家で契約社員として働く。2005年11月、ニュージーランドの『ウォーターワイズ』のインストラクター資格を取得。2006年7月ニュージーランドにワーキングホリデーとして 渡航。ダイビングやボランティア活動を通して海に関係する生活を送る

『海の活動』が教えてくれた海の楽しさ

「高校時代まではバレーボール、テニス、剣道など部活一本できて、海とはまったく関係のない生活をしていました。大学は、体育の指導に興味があったので教育学部へ進学。現在、私がもっとも関心のある『海の活動』との出会いは、大学一回生が終わろうとしていた頃でした。友人と一緒に高知県の室戸にある少年自然の 家でボランティアをしたのをきっかけに、『海の活動』にのめり込んでいったのです。」と語る弥生さんは、ニュージーランドで海と接しながら幅広く活動する。「少年自然 の家では、ニュージーランドの『Waterwise(以下、ウォーターワイズ)』をモデルにした、子供たちが水に賢くなるためのプログラムを提供。『ウォーターワイズ』とは、1983年にニュージーランドで始まった、水の楽しさと恐さ、安全の大切さを子供たちに教えるために海を活用した総合学習です。その少年自然の家での『海の 活動』を通して、私自身が初めて海の楽しさを知り、子供たちにも私たちの指導を通してカヤック、セーリング、シュノーケリングなどの楽しさを伝えていきた いと思ったのです。それからは、もう馬鹿みたいにはまってしまって。大学が終わるまで週末は室戸に通ってボランティアをしていましたね。4回生の時は住み 込みまでして。他にも、3回生の終わりに友人とニュージーランドに2週間滞在して、『ウォーターワイズ』のセンターを見て周りました。Eメールで『ウォーターワイズ』 のチェアパーソンに連絡を入れたら、親切に返事をいただき、それでいろんな施設を見て周ることができたのです。『ウォーターワイズ』はヨットクラブの機材 等を借りて活動していて、『ウォーターワイズ』のインストラクターライセンス保有者が先生として、カヤックがひっくり返った時にどうするか?など水に対す る安全性や楽しさについて教えていているのです。オークランドではとても盛んな活動で、学校教育の中にも『ウォーターワイズ』を取り入れていることを知 り、大学の卒業論文も『ウォーターワイズ』について書きました。大学卒業後は、少年自然の家で1年間契約社員として働きました。当時の上司が『ウォーター ワイズ』に興味があったことから、研究のためにニュージーランドに一緒に来る機会があり、その時に数日間の講習を受け、『ウォーターワイズ』のインストラクター資格を 取得しました。せっかくライセンスを取得したので、またニュージーランドに来たいと周りの方に話している時に、ワーキングホリデー制度を知り、2006年7月にニュージーランドへ 来たのです。」

『ウォーターワイズ』でボランティア活動

「『ウォーターワイズ』の繋がりで以前から知っていたオークランドにある中学校の校長先生から紹介していただいて、10月中旬から12月上旬までオークランドのウエスタン・ベイ・ウォーターワイズセンターでボランティアをすることになりました。インストラクター約3名が指導し、保護者ボランティア4、5名がヘルプするという形で活動が行われました。」弥生さんはインストラクターとして参加した。「レスキューボートに乗って、セーリングの操船方法やカヤックの漕ぎ方を 指導したり、安全確認などを担当したりしました。この活動を通して、ニュージーランドの子供たちと日本の子供たちの違いを感じましたね。たぶん、それは教育システムの 違いから生じているのかもしれません。ニュージーランドの子供たちは日本の子供たちよりも自由でのびのびしていて、上手く自然と遊べていると感じました。日本では、 『海の活動』は特別な活動という意識が強かったのですが、ニュージーランドではいたって普通の活動で生活面でも、娯楽面でも海は彼等にとってとても開けている存在だと いう印象を受けました。また、この活動を通して多くの方との出会いもありました。初対面にも関わらず、みなさんが私をウェルカムな感じで迎え入れてくれ、 ホスピタリティ溢れていたので溶け込み易く、休憩時間には様々な国出身のインストラクターや保護者の方々と異文化交流ができたのもよい経験となりまし た。」

『海の活動』のひとつとしてのダイビング

「7月から語学学校に3ヶ月間通って、ウォーターワイズのボランティアが始まるまでに時間が少しあったので、念願だったダイビングのライセンスを取ることにしました。『海の活動』の知識を増やすために、日本にいた頃からダイビングのライセンスをすごく取りたかったのですが、経済的な理由で後送りになっていました。ニュージーランドでダイビングをしようと思ったきっかけは、コストが日本よりも安いこともありましたが、語学学校の仲間たちと一緒にライセンスが取れるというのも 大きかったです。またインストラクターが女性ということで、相談もし易く、女性らしい心遣いもあって精神的に安心できることも良かった点でした。」
オープンウォーターのライセンスを取得した弥生さん。「とにかく面白かったです。これまではシュノーケリング、サーフィン、カヤック、セーリングなどの『海の 活動』を通して海の表面を楽しんでいたのですが、海の中の世界を見たことによって、『海の活動』に対する視野と理解がいっそう広がりました。違った視点で 地上の世界も見れるようになったり、魚も違う角度で見れるようになったり。そして本数を重ねていくうちに、ダイビングはセーリングなどとは違い競うもので はないので、レクリエーション的な要素をたくさん含んでいて、いろんな楽しみ方ができ、とても魅力的な『海の活動』だと感じました。リラックスして自分の ペースでできて、ポイント毎にどんな生態系があるのだろう?ってワクワクしたり、同じ場所でも海の中はその時々で違う表情を見せてくれたり。海の中にこん な楽しいことがあったんだ、って新たな発見でしたね。
オープンウォーターの段階ではダイビングのスキルが中途半端で、ここで終わるのは物足りなさ がありました。インストラクターがその場にいなくても、機材のセッティングなど自分たちで最小限の対処ができるようになるのがオープンウォーターですが、 はじめて海に潜って、水の中で息ができることにはたいへん感動しましたが、それよりも心地悪さがありましたね。それで、もっと自由に動けるようになりた いって思いました。またその頃、ニュージーランドに世界的に有名なダイビングスポットのプアナイツという場所があることを知って、ぜひ潜ってみたいと思いました。そし てそこで潜るにはアドバンスを修了すると潜ることのできる深度が必要ということもあってアドバンスに進むことにしたのです。」

ニュージーランドの海での体験を日本に還元

「「オープンウォーターのライセンスを取得してすぐにアドバンスに行くと、ダイビングの本数が少なくて技術が安定していないので、数回、ファンダイブへ参加しまし た。ファンダイブでは、イセエビやホタテを取りに行き、ニュージーランドならではのダイビングの楽しみも経験。ダイブショップのオーナーがその場でホタテなどをさばいてくれて食べさせてくれて。そのフレッシュな美味しさは格別でしたね。そしてファンダイブを行ったことが自信に繋がりました。アドバンスは、ダイビングの 幅を広げるためのコースで、内容はバリエーションに富んだもの。私は夜潜ったり、方位磁石を使って潜ったり、ダイブショップのボートで沖にでて潜ったりも しました。ダイビングを始めた頃はバディーを見る余裕もあまりなかったのですが、回を重ねるごとに次第に余裕もできて、アドバンスが終わる頃には体もコン トロールできるようになって、視野も広がっていました。
コースは全て泊まりなので、コース中はみんなの興味がダイビングで共通なので一体感があって。夜はインストラクターのあきこさんも参加して反省会をして、不安や疑問を解決して翌日の講習に活かすことができたことが私のダイビングに対する意識をいっそう高めましたね。
アドバンス修了後、さっそくアドバンスを受けるきっかけとなったプアナイツへ潜りに行きました。すごく綺麗でしたよ。海が蒼くて。トロピカルな海ではなく て深い蒼さ。それに光と影。魚の大群。実際に見た感動は説明しきれるものではないですね。沈船があることでも有名ですが、目の前にドラマの世界で見ていた 光景があって。船の中は、お化けがでそうな感じでゾクゾクしましたね。映画『海猿』のストーリーの中に自分がいるような感じで。
また、ダイビング のコースを通してゴートアイランド・ダイブショップの人たちやダイビングのコース期間中に宿泊したバッパーのオーナーと出会えたことをとても大切に思いま した。素敵な方々だったので、ぜひ彼等と関わっていたいとまで思って。ニュージーランドにいる間だからこそ、こういう現地の人との係わり合いを大事にしたかったので す。そしてラッキーにもダイブショップでボランティアができることになりました。ショップでは掃除、ダイビングの機材の洗浄、運搬などをしています。アッ トホームな環境で、人の優しさを身を持って感じています。そしてスタッフは海が大好きな人たちなので、ダイビングを安全に楽しく提供できるように、各自がプロ意識を持って働いているのが印象的でした。
これからもこのような『海の活動』を通して、ニュージーランドにいる時間を精一杯活用して、帰国までの時間を楽しんでいきたいと思っています。そしてニュージーランドで『ウォーターワイズ』やダイビングを通して、新しい『海の活動』が体験できたことは、これからの私にとって貴 重な経験でした。今後はこれらの経験を活かして、海の持つ魅力や楽しさ、安全について多くの人たちに伝えていきたい。『海の活動』は日本教育の中にはほと んど入っていないので、ニュージーランドで得た体験をもとに日本の子供たちに還元して行きたいと思っています。」

ゴートアイランド・ダイブ/インストラクター・あきこさん
世界中に活躍できる場所があるダイビング・インストラクターとして、海そしてダイビングを通してたくさんの人と出会い、この1年間とても素敵な経験をさせて いただきました。ニュージーランドの冬の間は沖縄で働き、ダイビングを始めた国、私にとって故郷のようなニュージーランドに昨年10月に再び戻ってきました。そして、今シーズン初 めてのコースの生徒さんが弥生さんでした。ファンダイブによく来てくれて、船の上でも他の人を常に気遣ったり、器材を率先して運んでくれたり。ダイブ ショップのオーナーも彼女のそういう姿をよく見ていて、彼女だったら大歓迎だよと、快く弥生さんをショップでのボランティアとして受け入れてくれました。 昨シーズンは100名以上の日本人のお客様にゴートアイランド・ダイブをご利用いただきました。感謝の意をこめて、ということとゴートアイランド・ダイブ 7周年を記念して、コース受講生にフリー・ワイン・テイスティングをプレゼントするなど、様々な企画をご用意しています。みなさん、ぜひ遊びに来てください!そして一緒にニュージーランドの海を満喫しましょう!

カテゴリ:ダイビング
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら