Vol.81 自由時間 ニュージーランドへ団体・語学研修


日本の都市の中でも特に人々が集まる東京都新宿区。ここに位置する保善高等学校は、毎年学生のための語学研修プログラムを開催しており、今年は一年生、二年生の中から合計17 名が参加した。みな、英語習得という目標のみならず、海外に出て他国の文化に触れて自身の視野を広めたい、という目的意識の強いしっかりした眼差しを持った学生ばかり。そんな彼らにニュージーランドはどう映ったのだろうか。

ニュージーランドへ団体・語学研修/保善高等学校生がMacleans Colleage(マクレインズ・カレッジ)へ語学研修【Profile】
私立保善高等学校
学生の街、東京の新宿区高田馬場の都心とは 思えない緑に囲まれた地域に所在している私 立の男子高校。充実した学習環境が整い、地上 7 階建ての校舎と、科学芸術棟は最新の設備。 進学校ながらスポーツもとっても盛ん。特に ラグビーや陸上競技では、全国大会の常連。 保善高校ホームページ: http://www.hozen.ed.jp/

去る8月2日、東京都新宿区にある私立保善高等学校の生徒17 名が、2週間の語学研修プログラムのためニュージーランドにやってきた。英語圏かつ移民の国であるニュージーランドの中学、高校、大学では、日本に限らず各国からのたくさんの留学生が勉強している。そして、ニュージーランド人の生徒は個性豊かで、外国人留学生に対して差別なくオープンで友好的。そんなニュージーランドの学校は、英語を身につけるだけではなく、パーソナリティーを磨くにも素晴らしい環境であるといえる。保善高校では、毎年海外語学研修として、オセアニア方面へ2週間の短期留学を実施しており、今回はオークランドの中心部から東に位置するマクレインズ・カレッジにて現地のスクール体験を行った。

Macleans Colleage(マクレインズ・カレッジ)

登校が始まると、スクール・バディという留学生のお世話役の現地生徒が、留学生一人一人に付いて、滞在期間中の学校案内や勉強の手助けなどしてくれる。マクレインズ・カレッジ内で英語のレッスンを受ける他、通常授業への参加日には、スクールバディとともに英語で一般教科の授業を受ける。その他、現地の学生たちが受けている日本語クラスにも出席し、英語で日本語をどう習っているのかを体験し交流も深められるなど、バラエティー豊かな内容となっている。週末は、おのおののホストファミリーとともにのんびり過ごしてもらう。

日本と違って、ニュージーランドの学生のほとんどは、週末に勉強をしたり部活動をしたりということはせず、家族や友人と一緒にリラックスして過ごすのが一般的だ。研修の合間には、オークランド市内にある博物館や水族館に訪れたり、ニュージーランドならではの牧場訪問での観光をして楽しむ。授業の最終日には、学校でお別れパーティーが開かれ、マクレインズ・カレッジの生徒やスタッフの他、ホストファミリーも参加し、互いに交流できた喜びを分かち合った。

短期語学研修
学生インタビュー

今回の語学研修体験、保善高校の参加者のみなさんはどう感じたのでしょうか?生徒代表として、松本 拳斗くん、長谷川 治くん、櫻井武くん、田中 博侑くんの4人に今回の研修の感想を楽しく語っていただきました。

Q:今回の研修への参加について

田中:僕は理系の大学に進もうと思っているんですが、英語はどの分野に進むもうが出来て損はないし、あとやはり自分の視野を広げたいと思ったのが理由です。

長谷川:英語が好きで、勉強したいというのはもちろんなんですが、日本以外の国の文化に触れてみたいという気持ちがありました。

櫻井:僕は去年のオーストラリア短期留学に引き続き今回で2回目の参加です。なので他の人よりけっこう余裕があったかもしれません。

Q:ニュージーランドの高校はどうでしたか?

ニュージーランドへ団体・語学研修/保善高等学校生がMacleans Colleage(マクレインズ・カレッジ)へ語学研修松本:マクレインズカレッジでは、みなとても積極的でした。映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』がニュージーランドの若者に人気だったようで、この映画について話しかけてくる生徒が多かったです。

長谷川:公園で現地の学生と一緒にバスケットボールをして楽しみました。というのも、僕たちがプレイしていたら「一緒にやろう」と誘ってくれたんです。ニュージーランドの人々は皆すごくフレンドリーだと思いました。

田中:僕のスクールバディのお父さんは空手の元ワールドチャンピオンだったそうで、そういったことがきっかけで、すごく話しが盛り上がりました。

Q:ではホームステイのほうは?

ニュージーランドへ団体・語学研修/保善高等学校生がMacleans Colleage(マクレインズ・カレッジ)へ語学研修

田中:最初は、キウィのアクセントと会話のスピードに付いて行けず、とにかく身振り手振りでお互いコミュニーケーションを取っていました。でもしばらくして慣れてきて、ホームステイ後半は聞き取りも最初よりとても楽になりました。

長谷川:僕のところには21才のホストブラザーがいたのですが、彼が週末スポーツクラブに連れて行ってくれて、現地の週末の雰囲気を味わいました。

櫻井:僕ちょうど北京オリンピックが開催されている最中だったので、家では毎日家族揃ってオリンピック観戦でした。これはすごくリスニングの勉強になりました。

松本:僕は、ホストファーザーとこの家にいたドイツ人の留学生と一緒に家の側にある海沿いをランニングしたことが心に残っています。日本で普段こんなふうに走ることは殆どないのでとても新鮮でした。

Q:ニュージーランドと日本とで違うと思ったことは?

ニュージーランドへ団体・語学研修/保善高等学校生がMacleans Colleage(マクレインズ・カレッジ)へ語学研修

長谷川:ニュージーランドの学生は塾に行かないんですね。それに、週末は部活もせず、誰もが思い思いに余暇を楽しむことが印象的でした。

松本:すごく寝るのが早かったです。日本では普段寝るのは深夜の12時くらいなんですが、僕のホームステイ先では10時前にはみんな寝てしまいます。

櫻井:雨を気にしないし、季節構わず、女の子でも裸足で歩いていたりすることがびっくりしました(笑)。

田中:郷に入ったら郷に従えで、良い意味でのんびり生活できたと思います。後半は英語も生活もだいぶ慣れることができました。

その他、ホストファミリーがお別れの際に泣いてくれたなど、キウィの人柄が印象的だったという声が多く聞かれました。この体験はきっと将来への大きな糧となるに違いありません。

ニュージーランドへ団体・語学研修/保善高等学校生がMacleans Colleage(マクレインズ・カレッジ)へ語学研修

2週間の滞在の流れ(保善高校が実際に使用したスケジュール)
午前
午後
8月1日(金)
午後7時、日本を出発
8月2日(土)
オークランド空港に到着後、マクレインズカレッジに移動。オリエンテーション等
ホストファミリーとの自由時間
8月3日(日)
ホストファミリーとの自由時間
8月4日(月)
学生集会でのウェルカムセレモニー&
英語授業
バディーのクラスへの授業参加& 英語の授業
8月5日(火)
英語レッスン
バディーのクラスへの授業参加& 英語の授業
8月6日(水)
英語レッスン
オークランド博物館&
ケリータールトンズ水族館へ
8月7日(木)
英語レッスン
日本語クラスへの授業参加& 英語の授業
8月8日(金)
英語レッスン
フェアウェルパーティーの準備
8月9日(土)
ホストファミリーとの自由時間
8月10日(日)
ホストファミリーとの自由時間
8月11日(月)
英語レッスン
日本語クラスへの授業参加& 英語の授業
8月12日(火)
日帰り観光 牧場訪問へ
8月13日(水)
英語レッスン
フェアウェルパーティー。
ホストファミリーも参加
8月14日(木)
学校に集合後、オークランド市内観光へ
ホテルに到着後、
夕食までの間ダウンタウン内で自由時間
8月15日(金)
午前8時半、オークランド空港を出発

カテゴリ:高校生活
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら