Vol.58 自由時間 ニュージーランドの就職必勝法


本領発揮とばかりに、近年ニュージーランドの様々な業界への躍進が目立つ日本人。「何ができるかではなく、誰を知っているかが大事」と言われるニュージーランドの就職で、優れた能力とニュージーランドで築いたネットワークを武器に、日本人がローカルへぐんぐん進出している。そんな成功者たちのように、ニュージーランドで仕事を獲得するには、やはり如何にニュージーランドを理解して就職活動をするかというのがポイント。そこで、「ニュージーランド式の就職活動って?」と疑問を持つ人たちに、たったの3回のコースでその疑問を解決してくれる就職サポートのワークショップ『イングリッシュ@ワーク』の修了生たちに、ニュージーランドでの仕事を獲得した経験談を語っていただこう。

ニュージーランドで就職獲得された須藤可奈子さん・山崎里美さんKanako Sudo
須藤 可奈子(右)

1976 年生まれ。神奈川県出身。中学校卒業後、理容室で4年勤めながら理容師の資格を取得。同系列の美容室で4年間働きながら美容師の資格を取得。メイクスクー ル卒。広尾のサロンで3年間働いている間に、着付けも学ぶ。東京美容専門学校の講師として働く。今年4月、ニュージーランドに渡航。Auckland English AcademyのEnglish@Workコースを修了後、メンズサロン『MENS WORKS』で現在働く。
MENS WORKS Ph: 09-358-4898 Little High Street, 55-57 High St, Auckland City
Satomi Yamasaki
山崎 里美(左)

1979 年生まれ。岡山県出身。関西外語短期大学卒業。通信販売会社の化粧品部門の企画・営業・広報で6年間働く。今年4月、ニュージーランドへ渡航。Auckland English AcademyのEnglish@Workコースを修了後、オークランドの日本レストラン(100%英語環境)で3ヶ月働く。今後は南島でワーキングホリデー生活を満喫する予定。

須藤 可奈子さん
日本での技術

中学校卒業と同時に、理容室で働き始めた可奈子さん。働きながら、通信教育で理容師の免許を取った後、理容室と同じオーナーが経営している美容室へ異動。そこで働きながら、美容師の資格を取得した。その後、可奈子さんはメイクスクールへ通い、その学校のメイクの先生に引き抜かれ、彼女のヘアサロンへ移った。 「そこで3年間働いた頃に、サロンワークから離れたいと思うようになって。私は通信教育で理容師と美容師の勉強をしたので、美容学校の昼間生はどんな勉強 をしているのか興味があったんです。それに職場で後輩を教えるのも好きだったので、東京美容専門学校の先生になりました。」サロンで働きながら、着付けも 習っていた可奈子さん。「クラス担当制の学校だったので、パーティ用のアップ、着付け、ネイル、カット、パーマ、フェイシャル、カラーリングなど全て教え ました。学校には、色んな学生がいて楽しかったですね。学生から教わることも多かったです。生徒の反応を見ながら、生徒が理解し易い教え方を考えたり。学 生は、固定概念が無いので、作るスタイルが斬新でしたしね。」理容と美容の道で約15年間のキャリアを持つ彼女はまた、中学時代から、英語を話して生活を したいとずっと考えていたという。「日本では、理容と美容の免許を取った後に、英語の勉強を始めて、外国人の友達を増やして英語環境をつくるように努めて いましたね。勤務先のサロンも広尾で、大使館が周りにあり、外国人のお客様が多くて、英語を使わないといけない環境でした。」

ニュージーランドで仕事獲得

「ワーホリは年齢制限があるので、そろそろ海外へ行こうと思い、美容学校の英語クラスの先生に相談していました。その先生はキウイで、彼の話からニュージーランドは素敵な国だなと思い、ニュージーランドに行こうと決めました。そして、いろいろ調べていくうちに、ニュージーランドのある英語学校に就職サポートのワークショップ『イングリッシュ@ワーク』という3回コースがあることを知りました。ニュージーランドで仕事をしたいと思っていたので、このコースに参加しようと即決。」今年4月にニュージーランドへ来た可奈子さん。 「『イングリッシュ@ワーク』コースの先生は、前もって私の情報を下調べして、私が美容室に就職したいことが分かっていたので、1回目の授業の時に新聞の 美容室の求人欄を用意してくれていました。授業では、求人欄の略された表記の意味や、どのように見ればいいのかを学びました。2回目の授業では、履歴書の 書き方や電話のかけ方など。3回目は、面接の練習とカバーレターの書き方でしたね。ちょうど3回目の授業の頃でした。通っていた学校のオーナーが、同じビ ルに入っている美容専門学校の方に私のことを話してくれて。その後すぐに、その美容学校の先生職の面接が入りました。実際の面接での会話は、授業ほど堅苦 しいものではなくリラックスでき、履歴書と私の作品の写真を見せたら、面接官の方々がいい意味で評価して下さって。ただ、生徒はスラングも使うし、英語が 早いので、先生として働くためには、もう少し語学力を向上した方がいいということで、まずは現場で働くことを勧められ、サロンを紹介してもらいました。そ れが今のサロンなんです。サロンの面接では、履歴書よりも、英語でお客様の希望を理解して、その通りに髪型を仕上げることができるかという実技の方が重要 のようでした。」コース中に見事に仕事をゲットした可奈子さん。「自分を最大限にアピールするために作成したニュージーランド式の履歴書は、実際の面接ではあまり必要 ではなかったのですが、面接時の自分の支えになりました。将来的にニュージーランドでどうして行きたいのかをクリアに書いたり、また一般的なことですが、ニュージーランドでは自分 を売ることが大事なので、自分のことを誉めたたえて書きましたね。オークランドに知人のいなかった私にとって、最も心強かったのは、学校のサポート力が強 いことでした。私は、コンピュータを持っていないので、手書きの履歴書を先生がパソコンで作り直してもくれました。」現在、ニュージーランドで仕事をするという目的を 果たした彼女は、次の目標に向かっている。「今後の目標は、クライアントを自分につけること。そして英語力の更なる向上です。日本に居た時は、西洋人の髪 の方が簡単だと思っていたのですが、こちらで働いてから、決して簡単ではないと思いました。新たな発見もあり、今とても楽しいですね。」

山崎 里美さん
日本での技術

「外語短大に通っていた時に、語学研修でオーストラリアに1カ月間行きました。その留学がとても楽しかったので、いつかまた海外に行きたいなと思っていました。通信販売会社に入社して、企画・営業・広報で6年間働いた頃でした。これ以上働くのが長くなると責任も大きくなり、辞めるのが難しくなるのと、職場は 英語を使う環境ではなかったので、勉強をするのなら今しかないと思い、思い切って会社を辞めてニュージーランドに来ることを決心しました。」彼女のしっかりした話し口調からも、会社で6年間のキャリアを持つことがうかがえた。「海外にせっかく行くのだから、期間は長い方がいいと思い、ワーキングホリデー制度を使用する ことにし、ワーホリで役に立つ勉強がしたいと思っていました。これまで1年間という長期に渡って海外で滞在したこともないし、ニュージーランドでの仕事探しの方法も分らなかったので、就職をサポートするのが目的の『イングリッシュ@ワーク』コースに通うことにしました。」

ニュージーランドで仕事獲得

今年4月にニュージーランドへ渡航した里美さん。「私のニュージーランド生活の目的は、1年間、お小遣いを稼ぎながらホリデーを送るという、正にワーキングホリデーでした。仕事選びの条件は、英語環境で仕事ができること。せっかくニュージーランドにいるので、フルーツピッキングなどニュージーランドらしい仕事もしたいと思っていました。そのことを『イング リッシュ@ワーク』の最初のカウンセリングで先生に伝えました。そして授業では、履歴書の書き方、広告の探し方、電話でのアポイントの取り方、ダイレクトに履歴書を持って行く方法を学びました。履歴書の書き方の授業は、履歴書のサンプルをもらって、それに沿って自分の履歴書を書いて、それを先生がチェックするというもの。広告の探し方は、新聞の求人欄の見方、広告用語の意味、フルーツピッキング求人情報のサイトなどを教えてもらいました。面接の練習は、 テープで面接の会話を聴いて、自分で面接の時に言う台詞を考え、それに対して先生がアドバイスしてくれました。例えば、『英語が少しできる』と言うのでは なくて、『英語が話せます』と自分をアピールするのが大事だとか。」
コース修了後、すぐに100%英語環境の日本レストランで仕事を得た里美さ ん。「一通り教えてもらえば、後は自分で実践するだけ。まずは色んな広告を見付けて練習を兼ねて電話をかけているうちに、電話での会話にも慣れました。採 用となったレストランの面接では、面接官は英語力を確認していたようでした。日本食レストランといっても、日本人スタッフがいないのと、お客様はローカル の人なので英語が必要だからです。」この日本食レストランで、3ヶ月間、働いた里美さん。もうすぐ南島へ旅立つ。「ニュージーランドに来た頃は、仕事の探し方も知らなかったし、履歴書の書き方も分らなかったのですが、現在、自分で仕事を獲得できたことが自信に繋がっています。履歴書づくりを他の人に頼んでいたら、後々 も自分でできないですからね。就職活動の一連が、自分でできるようになることが大事だと思います。南島に移っても大丈夫だと思えるのは、オークランドで仕 事探しの基礎を身につけたからです。『イングリッシュ@ワーク』コースは、本来は3回なのですが、3回の授業で十分でなければ、先生にEメールや会って相 談ができるんですね。今でも時々先生とメールを交換しています。南島で分らないことがあったら、先生にメールで相談できるんです。ニュージーランドに相談できる人がいるというのは、とても心強いですね。」

各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら