Vol.95 時代を飾るキーパーソン Josh Wingerとイエロー・チョコレート


限られた時間の中で、与えられた指令をやり遂げる。今年で2回目となるニュージーランドの電話帳『Yellow Pages』が主催するリアルなロールプレイング企画の主人公に選ばれたジョッシュ・ウィンガー。CMタレント、ロケーションスカウト、ミュージシャンといくつもの顔を持つジョッシュであるが、来年の2月までは「黄色をイメージさせる味のチョコレート」を作る指令を完了させなければならない。

Josh Wingerとイエロー・チョコレート【Profile】
Josh Winger
Yellow Taste Chocolate Campaign Challenger
ワイカト生まれ。グレートバリア島で育ち、ギリシャや日本にも住んだ経験がある。これまではコピー機のセールス、CMタレント、ミュージシャン、そしてCM撮影の場所を探す裏方の仕事をしていた。多くのニュージーランド人に人気があるのはミルクチョコレートだが、自分が好きなのはダークチョコレートなので、できれば自分用のバージョンも作りたいと密かに計画中。
www.yellowchocolate.co.nz
244 Dominion Rd, Mt. Eden

あなたの「黄色」を教えてください

Josh Wingerさん オフィスは常にオープンに。「黄色い」アイディアを収集する大切な場所。Josh Wingerさん Josh Wingerさん 窓のサインはガールフレンドに描いてもらったとか。Josh Wingerさん この企画に応募したキッカケは「新しい生活にチャレンジしたかった」のが理由。Josh Wingerさん Josh Wingerさん サンプルで作った4種類のチョコレートJosh Wingerさん ミュージシャンの肩書きも持つジョッシュ。オリジナルソングは100以上、しかしほとんど忘れてしまったという。

みなさん、食べたときに「黄色」がイメージできるチョコレートってどんなチョコレートだと思いますか? レモン? 太陽? バナナ? カスタード? チーズ? 黄色いモノあるいは黄色を連想できるモノは色々とあります。チョコレートの色は黄色じゃなくてもいいのです。見た目ではなく、「味」なのです。黄色をイメージさせる味のチョコレート。今、僕が作っているのはそんなチョコレートです。小さなことでもいいですから、アイディアがある方は是非、教えてください。ホームページではアンケートもとっています。一緒に「黄色い味」のチョコレート作りましょう。

期間限定の真剣勝負

さて、6ヶ月で黄色をイメージさせる味のチョコレートを作って売るという、このミッションを遂行する「Yellow Person」のオーディションに来たのは約80人でした。「なぜ、僕が選ばれたのか」という理由ははっきりとわかりませんが、おそらくテレビの前でも、そうでないときでも同じ性格、同じ態度でいるからじゃないかなー、と思っています。喜怒哀楽をそのまま出しますので、テレビやホームページで見ている人たちも、黄色をイメージさせる味のチョコレートを作っていく過程を一緒に喜んでもらえたり、時には不安になったりしてもらえると思っています。このミッションは一切の「やらせ」はナシで進めまれます。その証拠に9月にスタートしたときに「ここがオフィスだ」と僕はマウント・イーデンの住所を渡されて、この場所に来たのですが、そのときに、ここにあったのは『Yellow Pages』だけでした。イエローページのキャンペーンですから、すべてをこの電話帳を元に進めていきます。僕が最初にしたことはボールペンを買うために文房具店を見つけることでした。さて、1月下旬の販売までには多くのことをしなければなりません。まずはオフィスをつくること。同時に「黄色い味」の調査や開発をして、味を作り、工場を探して、パッケージのデザインをして、販売してくれる場所も見つけて、キャンペーンをして、というように普通はどこかの企業が大勢のスタッフですることを一人で、しかも6ヶ月という限られた期間でしますから、すべて同時進行させていく必要があります。僕にとって、これほどエキサイティングな「仕事」はありません。

現在進行形の「黄色い味」

今ちょうど、ニュージーランド各地でサンプルチョコレートを食べてもらいながら、黄色い味のリサーチをするロード・トリップがちょうど終わったところです。街行く人に声をかけたり、軍隊のキャンプを訪問したり、広い層の、そして大勢の人から直接意見を聞くことは味を決める上では大切なことです。またチョコレートの発売を知ってもらうこともできますから、この全国キャラバンは大変有意義なものになりました。時間もあまりなく、かなりハードなスケジュールでしたが途中でクレイフィッシュなんかも食べることができましたし、楽しく旅行することができました。これをどう黄色い味に生かしていくか、いよいよラストスパートです。ミッションでは何種類も作ることは許されていませんから、最終的に「黄色い味」は一つだけです。皆さんがアッと驚くような、それでいて「黄色い味」ということを納得してもらえるチョコレートをニュージーランドのものを使って作りたいと思っています。

アイディアを生み出す「秘密基地」

http://www.yellowchocolate.co.nz/
こちらのホームページで僕の活動はチェックできますし、最新情報も随時、お知らせしていきます。オフィスの住所は244 Dominion Rd, Mt.Edenです。ここはショップではなくオフィス。僕にとってはアイディアを生み出す「秘密基地」のような場所です。皆さんにも気軽に入ってきてもらえる楽しい場所にしてありますから、近くに来た時には是非、覗いてみてください。そしてあなたの「黄色」も聞かせてください。発売は2010年の1月下旬を予定しています。全国のスーパーマーケットやデイリーなど、できる限り多くの場所で販売できるように現在も交渉をしていますので、そのときには皆さん、是非、黄色い味のチョコレートを手にとってみてください。

カテゴリ:起業系
各種法律や移民局の規定等は改定されている場合があります。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら